8番目の認識機能の力

こんにちは。ESFPの大森です。

インタビュー記事やコラムをお届けしているこちらの連載ですが、今回はISFJの女性にお話を伺いました。

タイプを学ばれている期間は早4年。その4年間の中で、ご自身のヴィジョンがクリアに見えてきた経緯についてをまとめました。

******

やっと気づけた、自分のヴィジョン

タイプを学ばれたきっかけをお伺いできますか?

以前勤めていた会社にはるみさんがタイプを教えに来てくださっていたご縁で、勉強を始めました。

その結果、会社のメンバー同士理解し合えるようになり人間関係が改善したりととても結果が出ていたので、個人的にもっと学びたい!とはるみさんに連絡をして成長コースを受け始めたんですよ。

成長コースを終えて、どんな学びがありましたか?

3つあります。

1つ目は成長コースの前なのですが、苦手意識の多かった上司の主機能(Ne)を勉強するうちに、その方の良さが凄く見えてきたこと。

2つ目は、自分の気持ち(Fi)に気づけたことですね。

実は以前友人と同居していたのですが、私のFiが6番目のため、日々のやり取りで少しずつ自分が傷ついていることに全く気づけず…。

気持ちに気付く前に、まずは理解(Ti)から入りました。

とにかく自分の気持ちを理解したくて、日記を書き続けたんですよね。そこで、今まで自分が感情を抑え、我慢して、結局爆発してしまった流れについて理解できました。

その子のことは大好きだったのに、自分の気持ちをケアしてあげることを怠ったせいで爆発してしまって。

現在はヨガなどを通し、自分の内面を見つめ続けるようにしています。ネガティブな気持ち(Fi)には気づけていたのですが、ヨガをしているうちに自分の温かい気持ちにも気づくことができて。

傷ついた自分を受け入れられるようになったのは、大きいですね。

素敵です!3つ目の学びはどのようなものだったのでしょうか?

最後は、私の8番目の認識機能である、ヴィジョン(Ni)についての学びです。

そこにたどり着くまでにも段階がいくつかあるのですが、まずは自分自身を理解できた(Ti)ことと、その上で自分の気持ち(Fi)が理解できたのがとても大きいと思います。

ですが、セッションを受ける中で、自分自身の主機能である(Si)がとても嫌いになった時期があり…。

自分のエゴ、というのでしょうか。嫌な部分ばかりが見えてしまったんですよね。かわりに(Ni)の機能が凄くキラキラして見えて。

ですが、以前苦手だった主機能が可能性(Ne)である上司と話しているうちに、もっと自分の可能性(Ne)を見つめよう!と切り替えることができて…。

色々なセミナーに出てみたり、色々な人に会いに行ったりしているうちに、徐々に自分のヴィジョンが明確になっていったんです。

小さい時から私は、人を幸せにする仕事がしたいと漠然と思っていました。

何ができるかはわからないけど、頭の片隅に常にあった考えです(はるみ:そう!これが八つ目の機能の声です!)。

ですが、自分を知り、自分の好きなものを知り、そして可能性を模索していく過程で、自分が好き、と思えること(Fi)と、人を幸せにすること(私にとってのNi)が初めて一致し、自分にとってのヴィジョンがものすごく明確になりました。

それは、まず幸せな家庭を築くこと。そして、自分が幸せな状態の上で、その幸せをタイプトレーナーとして人に提供したい、というヴィジョンです。

以前はどうしても、責任・役割・人のために動くという傾向だったのですが、今は自分の好き(Fi)にも気づくことができ、ブレずにヴィジョンに向けて歩んでいけそうです!