夫へのイライラに隠された、本当の気持ちとは?

こんにちは。ESFPの大森です。

インタビュー記事やコラムをお届けしているこちらの連載ですが、今回はINFJの男性と結婚したESTJの女性に結婚生活についてのインタビューを行いました。

成長コースを学ばれ、ESTJ、Te主機能の女性ならではの学びと気づきについてをお伺いしたので、特に彼女の学びを元に記事にまとめたいと思います。
******

ー成長コースを受けようと思ったきっかけをお伺いできますか?

はい。TypeLAB自体は知っていて、幾つかの機能セッションも受けていたんですけど、仕事で多忙だったこともあり、暫く遠ざかっていたんですよね。

そんな中、夫との関係性が悪化してしまい…。いっそ、「離婚してしまおうか」と思うくらい思いつめていました。

ですが、そのタイミングで偶然理事のはるみさんから成長コースへのお誘いの連絡を頂いて…。

夫も以前4文字タイプセッションを受けていたので、夫婦で一緒に成長コースを受けてみることにしたんです。

ー成長コースを受けられて、「離婚したい」というお気持ちは変わりましたか?

変わりましたね。

とりあえず、「いますぐ離婚したい!」という気持ちはなくなりました。

私は白黒はっきりとすぐに結論を出したいタイプなのですが、成長コースで学んでゆくうちに、離婚が数ある選択肢の一つになったというか…。

私の中では、夫婦はお互いの気持ちのすり合わせや妥協の連続だな、って思っているんですけれど。それを夫と出来るようになれば、上手くいくのかな、なんて思っています。

ーすごい!良かったです。成長コースでの具体的な学びを教えいただけますか?

やっと自分が何を考えているのかが、冷静にわかるようになりました。

Fiセッションを何回か受けた後、ふとした時に、「あれ、私あの時辛かったんだ」って気がついたことがありまして。

その記憶は、辛いから蓋をしていたんですけど…。以前、自分の気持ちを夫にぶつけて受け止めて貰えなかった記憶のせいで、より自分の気持ちに蓋をするようになっていた流れが理解できました。

また、自分がしたいことも、表面的には分かっていたつもりでしたが、実際は何もわかっていなかったんですよね。

客観的に自分を見れるようになって初めて、本当に自分の求めているものが分かってきたのかもしれません。

ーそれ、すごくわかります。自分を深く知るうちに、自分が本当に求めているものが見えてくる感覚ですよね。

それから、気持ちがいつも不安定だったり傷ついていたのを、周囲のせいにしていた自分にも気がつくことが出来ました。

でも、相手が悪いと責め立てたところで何も解決しない。自分の気持ちを自分で落ち着かせることでまず、解決につながるということを理解しました。

ーその通りだと思います!あとは、Te機能が下の夫がいる、Te主機能の女性の方へのアドバイスはありますか?

とにかく、以前は夫と出かけると凄くイライラしていました。

その理由を深掘っていくと、彼の「どこへ行くのかを決断しない」「みんなに合わせる」といった言動で、結果全ての判断を私が下さなくてはいけないことに、不満や不安があったからです。

これは私自身のことなんですが、「不安があるときに、他者に対して攻撃的になる」という傾向がありまして…。

結果相手を攻撃することで、不安を隠そうとする。

素直にその不安を出すことが出来ずに攻撃的になってしまうから、相手だって傷つくし、いつまでも真意が伝わらない。

だから、アドバイスとしてはやはり、「自分の不安や気持ちに気づくこと。目を向けること。」

そうすると、不必要に攻撃的にならずに済むようになります。

不安にならないだけの準備も、私にとってはものすごく大切でしたね。