「成長コースどうだった?」ENFJさんの答え

Share This Post

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email

成長コースを受けて変化は感じますか?

Aさん:大きく感じます

Aさん(2回目):はい、変化を感じてます。一つ一つの機能をより深く理解できたので、自分のパターンに気づく事もできました。 特に自分の6番目Ne、7番目Siの下位機能と、主機能Feの使いすぎの管理については、今まで頭では理解できていましたが、実際に行動に移せてない部分を何個か実践できました。 ①深残をしないSi、なんでも引き受けすぎないFeの制御 →早めに帰ることで、タクシー代やホテル代などの余計な出費を減らせる。体調もよくなる。 ②毎日の出費を可視化してみるSi →不安を可視化することで、心が安定する。 ③楽しく新しいことに挑戦してみるNe →新しい経験ができ、自信にもつながる。

成長コースで一番厳しかった事は。。。

Aさん:最初各機能が理解できなかった事もありますが、より深く具体的な議論になるので、自分や周りの方のFiに関するディスカッションで、冷静になれない時が一番厳しかったです。 これを乗り越えると、パッと理解も視野も広がることを感じました。

Aさん(2回目):生活面で自分のキャパオーバー?な日々が続いていて、全般的に自分がストレス状態と気がついていたものの、セッションでも受け身となる事が多く、特に自主的に発言する事が非常に難しかったです。 その中でもやはり、上記記載した①、②、③を実践する前に、セッション中にこれらに関して自分と向き合うのが一番厳しかったです。

成長コースでは嬉しかった事が。。。

Aさん:成長コースのメンバーが、学びのチームになり、自分の学びが深まった事 各人の特質に合わせたディスカッションが建設的にでき、機能の理解がふかまりました。 日常生活で、自分が怒って気持ちも少し遠くから見る事が出来る様になりました。 皆さまとの出会いに感謝しています。

Aさん(2回目):メンズの皆様と出会えた事、共に学べた事

一番印象的な学び。。。

Aさん:コース後半に、二回、前回のセッションの振り返りから、フリートークに変えていただいた事がありました。成長コースの参加者の状況にあわせて、より深い学びに繋がったのが非常に印象に残っています。

Aさん(2回目):Fi感情をデータとして捉える。 自分は特に主機能不全の時に怒りを感じる事がわかりました。関係性を構築したいが、できなかったとき。

自分にはどの機能の見方が一番変わりました?

Aさん:Ne 機能を知る前には不思議な方もいるもんだ、とか、思っていましたが、過去の経験からご自身の中で繋がった考えにより、現実を打破する事ができる、素晴らしい能力だと、見方が大きく変わりました。

Aさん(2回目):Neです。今まではあまり意味のない無責任な機能だと決めつけていたところもありましたが、自分でやってみると、結構楽しかったです。 今年初めて漫才選手権 M-1に出まして、結果は1回戦で敗退しましたが、非常に楽しく、充実感を得る事ができました!もう出ませんけど。笑 漫才自体もNeの塊で、ネタを考えてる時も演じる時もすごく楽しかったです。 普段自分では考えつかないアイデアや可能性を提示するNe主機能の方は、本当に素晴らしいと思いました。

自分と同じタイプの方が成長コース受ける場合コースの効果をより良く感じるにはどんなアドバイスを伝えますか?

Aさん:セッション前には自分はどうなりたいのかNiを考え、前回の振り返りSiを行い、セッション中は人の事ばかり考えずFe、自分のためにFi参加する事。 また、Se ちゃんと他の人の話を聞いて、Ni自分の世界で考えるのではなく、Ti客観的な目線で、自分の素直な気持ちや感情FiをだしTe、セッション後は毎回SiアウトプットTeをきちんとする事が大事です。 Neは、たまに出てくるかもしれないと、信じて。 端的にはまとめますと、理解した機能を毎回意識して参加する事です。笑

Aさん(2回目):ENFJの場合、Fi, Neを学んで実践するのは難しいと思いますが、是非Ne新しいチャレンジを自分でやって見るとより学びになると思いました。

自分と同じタイプの方にはどう成長コース紹介しますか?

Aさん:下位機能不全でストレスを感じているとおもいますので、特に家庭内でご自身が感じているギャップや今の自分を客観的にみてみない?と紹介します。

Aさん(2回目):より深く機能を理解して自分の実践ベースの学びができます。 と、抽象的なNiを刺激する紹介をします。笑

Subscribe To Our Newsletter

Get updates and learn from the best

More To Explore

コラム

旦那さんの感情が「見える」ようになった!【ESTPタイプインタビュー】

今回はESTPタイプのみきこさんのインタビュー記事です。みきこさんは、成長コースを受講後も卒業コースのセッションを継続して受けている中で、旦那さんの感情が「見える」ようになり、夫婦関係にも変化があったそうです。 一体どういう変化なのかに迫るべく、みきこさんにお話を伺いました。   –みきこさんこんにちは!みきこさんは、タイプLABでのセッションを通して、人の感情がわかるようになったと聞いています。今日はそのお話について伺えたらと思っています!早速ですが、みきこさんが感情がわかるようになったキッカケはありますか? みきこさん:はじめて実感したのは、旦那さんが家族に対して冷たい態度をとるのは本人の感情が原因だとわかったときです。 それまでは、旦那さんの態度が悪くても「そういう性格の人なんだ」と思っていました。でも、ある時、セッションで旦那さんの話をシェアしているときに、旦那さんの態度が冷たいのは、会社で嫌なことがあったことが原因だと気づいたんです。それに気づいたときは、旦那さんも感情で動いているんだと驚きました。 それに気づいてから、旦那さんが家族に対して冷たい態度をとったときにも、『会社で嫌なことがあったからかもしれない』と考えて、「どうしたの?何か今日は会社で嫌なことあったの?大丈夫?」と心配して励ましの言葉をかけるようになりました。 そしたら、旦那さんが、お友達に「最近、みきこが僕に優しいんだ」と言っていることを後で知って(笑)。 旦那さんも心配してもらえて嬉しかったんだと知りましたし、わたしも、喜んでくれる旦那さんを見て、こうするといいんだとわかって嬉しかったです。 はるみさん:みきこさんは、タイプLABでセッションを受けていくうちに変わっていったのがすごく分かります。はじめの頃は、セッションで誰かが涙を流しても、コーヒー飲んで無表情で『フーン』って顔してたのよ。 でも最近は、他の人の話を聞いて、「うんうん、そうだよねー」と言って共感しているのが見えるから、変わったなと。 みきこさん:人が泣いているのを見て興味がなさそうにしていたのは、見てはいけないものを見てしまったと感じたからです。むしろ、わたしは気にしてないよって態度をとったほうが、その人もいいんじゃないかなと思ってました。 はるみさん:でも、その気遣い、伝わってないのよね。外側から見ると、冷たい人、って見えちゃう。みきこさん、はじめは、泣いている人を見ると「なんで泣いてるの?」って質問してたりしてたよね。でも、最近は、共感するってことがわかってきて、泣くことのベネフィットを実感してきてると思う。 みきこさん:人前で泣くことは今でも抵抗はありますねー。だから、自分が泣いているときに「今、泣いてるよね」って指摘されるのも嫌です(笑) ただ、タイプLABで自分の気持ちに共感してもらう経験をしたことで、それが嬉しいものなんだとわかってきたかなとは思います。だから、自分も共感するようになったのかも。 –タイプLABで人に自分の気持ちを共感してもらう経験をして、人の気持ちに共感することの大切さを学んだんですね。はるみさんは、ESTPタイプの人は、「感情」をケアしたほうがいいとよく言われていますが、それは、なぜでしょうか? はるみさん:ESTPタイプの人は、特に感情が安定していないときに早口になって自分の関心事をマシンガンのように話す傾向があるわよね。そういうとき、周りが見えなくなっていると思う。そして、周りの人の気持ちが見えなくなっているのが見えるのよね。 その相手の気持ちが理解できていない状態だと、物事がうまく進まない。だから、ESTPタイプの人は人の気持ちを理解して感じることが重要って言っています。 みきこさん:そうかもしれないー。そういえば、最近、旦那さんの気持ちを大切にしたら、うまくいったことありました。 旦那さんが家族に対して嫌なことを言ってきたときに、朝、旦那さんが車のサイドミラーをぶつけたことを思い出して、それで怒りの感情が根底にあるから家族に冷たく当たるんじゃないかって思ったんです。だから「サイドミラーぶつけて落ち込んでのはわかるけど、わたしたちに当たるのはやめてくれる?」って言ったんです。 そしたら、「違うもん、そんなことしてないもん」って旦那さんは言ったけど、そのあと、家族に対して厳しい態度をとるのはなくなったの。落ち込んでいる気持ちを理解してくれていることがわかって、怒りの感情が落ち着いたのかなって思いました。 旦那さんの感情の動きが見えてきたら、「なるほどね」ってその人のことが理解できるようになったように思います。 はるみさん:それが、人の感情が見えるようになったってことなのよね。ESTPタイプの人は、外向的感覚(Se)が主機能だから、相手のことを「物理的によく見てる」けど、「感情までは見てない」。だから、相手が嫌そうな顔をしても「今言っちゃいけないことを言った」ってことがわからないのよね。 みきこさん:確かに、相手の態度が悪いってことは見てわかっても、それが「感情」とどう関係するかまではわかってなかったように思います。でも、最近は、それが繋がっているんだってわかってきたかな。 –みきこさんは、これまで見えなかった人の感情が見えるようになってきたんですね。相手の感情を理解し感じることで、自分の声かけが変わり、旦那さんとの関係にもよい変化があったとのこと。とても心温まるお話でした。 相手の気持ちを理解して、思いやりのある声かけができるようになると、よい人間関係が築けそうですね。今日はお話、ありがとうございました! インタビュア:ななえ(ESTP)