タイプの自覚の段階

Share This Post

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email

自分は今どこですか?

1 タイプの違いを無視する

精神的に孤立している

タイプの違いの存在を否定する

 

2 タイプの違いを認識しているがそれを否定的に評価している

偉ぶってふるまう

異なるタイプの人を中傷し批判する

 

3 タイプの違いを認識しているがその重要性は最小限の評価しかしない

異なるタイプに固有の能力や視点に気付くことができない

タイプの違いを些細なこととみなす

 

4 タイプの違いを認識し受け入れる

違いを認識し、尊重し、また、理解する

すべてのタイプが重要な貢献をすることができると考えている

 

5 タイプの違いに適応する

他のタイプの必要を満たすため行動を調整する – 「フレックス」

視点や行動を一時的に変化する

 

6 タイプの違いを統合する

頭の中に異なる基準系を持っている 自分のタイプを持ちつつ多様性を活用する

The content on this page was translated from this page .

Subscribe To Our Newsletter

Get updates and learn from the best

More To Explore

成長とはそもそも何?FPとTPタイプのお話

成長のカギを握るのは下位機能 理想の自分になるには、成長する必要があります。でも、精神的な成長は目に見えず、明確な定義やものさしがないので、「どうすればいいかわからない」「そもそも、成長って何?」と足踏みしている人はとて

「成長コースどうだった?」ENFJさんの答え

成長コースを受けて変化は感じますか? 大きく感じます 成長コースで一番厳しかった事は。。。 最初各機能が理解できなかった事もありますが、より深く具体的な議論になるので、自分や周りの方のFiに関するディスカッションで、冷静