「成長コースどうだった?」ENFPさんの答え

Share This Post

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email

成長コースを受けて変化は感じますか?

Aさん:何かしら変化がある気します。

Bさん:自分のことや身の回りの出来事を、理解して現実的に受け止める意識を持てるようになった。

Cさん:以前より何事も意識しようと思えるように変わったと思います。

成長コースで一番厳しかった事は。。。

Aさん:苦手な機能を意識する事。

Bさん:日本人なのに日本語の意味に主観の別のイメージがついてきてしまったり、自分の頭の中の整理に時間がかかるので、思っていることをスムーズに言葉に出来なかったことも多かったです。 そうすることで、無意識の領域を動かされてる様な感覚でした。 無意識を意識化することはとても大変ですが、成長コースでその大切さも学びました。

Cさん:それぞれの事象をキーワードから機能(アルファベット)に結びつけるのが苦手

成長コースでは嬉しかった事が。。。

Aさん:あります。楽しいこともあります。

Bさん:みんなとの出会いと、絆を感じていること。これからも定期的に集まりたい!

Cさん:最初緊張もあってか硬いイメージだったけど、最後にみんな笑顔になれた事。みんなと会えた事

一番印象的な学び。。。

Aさん:ものの見方は人により大きく違うと改めて気づけた事。

Bさん:同じアクションをしても、肯定的と受け取る人もいれば、否定的・攻撃だと受け取る人もいる。 自分も同じ。 悪意ある人などいない。 ただ相手を尊重し、理解して伝える方法を知っていたら、理想の社会に近づくと思う。

Cさん:最後のセッション…何となく今までの学びが繋がって見えた感じがしました。

自分にはどの機能の見方が一番変わりました?

Aさん:Ne は人に迷惑をかけてしまう事がある

Bさん:全部変わったけど、一番はTi!

Cさん:Se

自分と同じタイプの方が成長コース受ける場合コースの効果をより良く感じるにはどんなアドバイスを伝えますか?

Aさん:セッション時や他の人が話ている時はそれに集中して、機能に当てはめて考えてみる。

Bさん:自分自身のどこを疑っているのかを把握できることで、自分を信じる方向にシフトできる。自分を信じたら、もっと世界が理想に近づいていく。

Cさん:目の前に全集中

自分と同じタイプの方にはどう成長コース紹介しますか?

Aさん:面白いから試しにやってみよう

Bさん:新しい世界を見つける、まさに大冒険を体験できます! 成長コース、ぜひ挑戦してみてください!

Cさん:色々な人と楽しく学べるし、毎回刺激になる

Subscribe To Our Newsletter

Get updates and learn from the best

More To Explore

コラム

旦那さんの感情が「見える」ようになった!【ESTPタイプインタビュー】

今回はESTPタイプのみきこさんのインタビュー記事です。みきこさんは、成長コースを受講後も卒業コースのセッションを継続して受けている中で、旦那さんの感情が「見える」ようになり、夫婦関係にも変化があったそうです。 一体どういう変化なのかに迫るべく、みきこさんにお話を伺いました。   –みきこさんこんにちは!みきこさんは、タイプLABでのセッションを通して、人の感情がわかるようになったと聞いています。今日はそのお話について伺えたらと思っています!早速ですが、みきこさんが感情がわかるようになったキッカケはありますか? みきこさん:はじめて実感したのは、旦那さんが家族に対して冷たい態度をとるのは本人の感情が原因だとわかったときです。 それまでは、旦那さんの態度が悪くても「そういう性格の人なんだ」と思っていました。でも、ある時、セッションで旦那さんの話をシェアしているときに、旦那さんの態度が冷たいのは、会社で嫌なことがあったことが原因だと気づいたんです。それに気づいたときは、旦那さんも感情で動いているんだと驚きました。 それに気づいてから、旦那さんが家族に対して冷たい態度をとったときにも、『会社で嫌なことがあったからかもしれない』と考えて、「どうしたの?何か今日は会社で嫌なことあったの?大丈夫?」と心配して励ましの言葉をかけるようになりました。 そしたら、旦那さんが、お友達に「最近、みきこが僕に優しいんだ」と言っていることを後で知って(笑)。 旦那さんも心配してもらえて嬉しかったんだと知りましたし、わたしも、喜んでくれる旦那さんを見て、こうするといいんだとわかって嬉しかったです。 はるみさん:みきこさんは、タイプLABでセッションを受けていくうちに変わっていったのがすごく分かります。はじめの頃は、セッションで誰かが涙を流しても、コーヒー飲んで無表情で『フーン』って顔してたのよ。 でも最近は、他の人の話を聞いて、「うんうん、そうだよねー」と言って共感しているのが見えるから、変わったなと。 みきこさん:人が泣いているのを見て興味がなさそうにしていたのは、見てはいけないものを見てしまったと感じたからです。むしろ、わたしは気にしてないよって態度をとったほうが、その人もいいんじゃないかなと思ってました。 はるみさん:でも、その気遣い、伝わってないのよね。外側から見ると、冷たい人、って見えちゃう。みきこさん、はじめは、泣いている人を見ると「なんで泣いてるの?」って質問してたりしてたよね。でも、最近は、共感するってことがわかってきて、泣くことのベネフィットを実感してきてると思う。 みきこさん:人前で泣くことは今でも抵抗はありますねー。だから、自分が泣いているときに「今、泣いてるよね」って指摘されるのも嫌です(笑) ただ、タイプLABで自分の気持ちに共感してもらう経験をしたことで、それが嬉しいものなんだとわかってきたかなとは思います。だから、自分も共感するようになったのかも。 –タイプLABで人に自分の気持ちを共感してもらう経験をして、人の気持ちに共感することの大切さを学んだんですね。はるみさんは、ESTPタイプの人は、「感情」をケアしたほうがいいとよく言われていますが、それは、なぜでしょうか? はるみさん:ESTPタイプの人は、特に感情が安定していないときに早口になって自分の関心事をマシンガンのように話す傾向があるわよね。そういうとき、周りが見えなくなっていると思う。そして、周りの人の気持ちが見えなくなっているのが見えるのよね。 その相手の気持ちが理解できていない状態だと、物事がうまく進まない。だから、ESTPタイプの人は人の気持ちを理解して感じることが重要って言っています。 みきこさん:そうかもしれないー。そういえば、最近、旦那さんの気持ちを大切にしたら、うまくいったことありました。 旦那さんが家族に対して嫌なことを言ってきたときに、朝、旦那さんが車のサイドミラーをぶつけたことを思い出して、それで怒りの感情が根底にあるから家族に冷たく当たるんじゃないかって思ったんです。だから「サイドミラーぶつけて落ち込んでのはわかるけど、わたしたちに当たるのはやめてくれる?」って言ったんです。 そしたら、「違うもん、そんなことしてないもん」って旦那さんは言ったけど、そのあと、家族に対して厳しい態度をとるのはなくなったの。落ち込んでいる気持ちを理解してくれていることがわかって、怒りの感情が落ち着いたのかなって思いました。 旦那さんの感情の動きが見えてきたら、「なるほどね」ってその人のことが理解できるようになったように思います。 はるみさん:それが、人の感情が見えるようになったってことなのよね。ESTPタイプの人は、外向的感覚(Se)が主機能だから、相手のことを「物理的によく見てる」けど、「感情までは見てない」。だから、相手が嫌そうな顔をしても「今言っちゃいけないことを言った」ってことがわからないのよね。 みきこさん:確かに、相手の態度が悪いってことは見てわかっても、それが「感情」とどう関係するかまではわかってなかったように思います。でも、最近は、それが繋がっているんだってわかってきたかな。 –みきこさんは、これまで見えなかった人の感情が見えるようになってきたんですね。相手の感情を理解し感じることで、自分の声かけが変わり、旦那さんとの関係にもよい変化があったとのこと。とても心温まるお話でした。 相手の気持ちを理解して、思いやりのある声かけができるようになると、よい人間関係が築けそうですね。今日はお話、ありがとうございました! インタビュア:ななえ(ESTP)

コラム

自分のタイプを知るとこんなに気持ちが楽になる!【ISFPタイプインタビュー】

今回はISFPタイプのゆうさん、まいさんのインタビュー記事です。ISFPタイプのお二人が人の性格には違うタイプがあることを学び、自分のタイプの特徴をよく知ることで大きな変化があったお話をはるみさんと一緒に伺いました。 [インタビューするISFPタイプのお二人のご紹介] タイプLABの公園遊び会に参加したことがきっかけでタイプにとても興味を持つ。成長コースで学びが深まり、自分と向き合いながら成長を続け、実際に悩みやストレスが減ることを実感。子どもたちとの関わり方もタイプによって違っていることにも興味を持ち、2020年12月よりトレーナーとしてタイプLABで活動中。   3年ほど前に江戸川区ワーキングマザー交流会とタイプLABのコラボ企画でタイプと出会う。 職場や家庭内での困りごとを解決したい、とゆっくりペースながら学びを進め、現在は卒業コース受講中。     –今日はISFPのお二人にお話を伺えるということで、Fi(内向的感情)のことをよく知ることができるのではと期待してます。 ISFPタイプの主機能であるFi(内向的感情)って、モグラが穴に入り込むように周りが見えなくなるから、自分で穴から出ようと思わないとなかなか出られないものなの。でも、ゆうさんはそこから自分で出て来るので、本当に感動します。まいさんも、変わってきたのが見えたので、今日のインタビューをお願いしました。 ゆうさん、まいさん、タイプを学んで自分はどう変わったかしら?   以前は人から自分の意見と違うことを言われると、攻撃されたと感じて逃げたくなるときがありましたが、今はその逃げたい気持ちを受け止めて理解し、客観的に考えることで気持ちの切り替えができるようになりました。   これまで、自分と意見が違う人は「この人はわたしと合わない人」と思ってフェードアウトしたり、距離をとったりすることもありました。でも、今は自分の考えと違うことを言われても、否定されたと思わずに、自分の気持ちが揺れていることを自分で受け止め、「なんでこんな気持ちになったんだろう」と考えられるようになりました。   —-お二人とも、自分の感情を客観的に見て考えることができるようになったのですね。やはり、それはタイプを学んだことでできるようになったのでしょうか? タイプを学ぶまでは、他の人も自分のように敏感に感情を感じるのが当たり前だと思っていました。でも、人の性格にはそれぞれ違うタイプがあって、自分のようには感じていないタイプの人もいることを知ってとても驚きました。それで自分は敏感に色々なことをキャッチしていると気づいたんです。 でも自分の感情を客観的に見られるようになったのは最近です。タイプセッションを通して、自分の気持ちをシェアしたり、他の方の気持ちが揺れるのを見たりしているうちに、段々とコツがつかめてきました。   —-Fi主機能の方は、毎日、常に色々な気持ちを敏感に感じているということなのですがFi機能の感覚って、例えて言うとどんな感じでしょうか。 Fiって感情のセンサーみたいなもので、いいことも悪いことも全部、リアルタイムに感じている感じです。     例えば、あるISFPの方に自分の好きな物があって、そして、その隣に座っている人が「私だったらそんなのは買わない」と言ったとします。そうすると、自分の好きなものを否定されたISFPの方はそれを聞いた途端に頭痛になってしまう。それくらいその瞬間にショックに気づくってことです。 Fi機能が弱い人は、その瞬間には自分の感情をキャッチできず、あとからジワジワ出てきて気づくのだけど、Fi主機能の人は感情をその瞬間に感じているのよね。 Fi主機能の方だけじゃなく誰でも感情に飲み込まれているときって、本人は自分の視野が狭くなっていることに気づかない。Fiはモグラが穴に入っちゃうイメージね。 そう、自分の感情の問題が解決しないと次にいけなくて、周りが見えなくなっちゃう感じです。     今まで色んなタイプと接してきてわかったのは、人って些細な言葉で感情が揺れてしまうよね。感情が揺れてしまうと、どんな言葉をかけても「NO‼」となってしまって人を受け入れなくなってしまうの。     自分がその穴に入っているときは気づかないんですが、人がそうなっているのを見ると「出てくればいいのに」って思うし、自分がそれをやってると思うと恥ずかしくなります。穴に入っているときは本人に何を言っても響かなくなっていて、そこからはもう自分で出てくるしかないんです。 他人がその穴から出すのは難しいのですが、自分から出るのは簡単で、客観的に考えてみればいいだけ。でも、はじめはそれがすごく難しかったし、自分のタイプを知らないと気づかないことでした。 わたしの場合は、感情が揺れているときに「面白いな」と思えるようになりました。「わたし、こんなことで怒るんだ。じゃ、怒りの原因探ろう!」と冷静に考えられるようになったんですよね。 感情が揺れていると「これは考えるチャンスだから面白い」って思えるようになって。 これまでは夫のことや会社のことで落ち込んだりする自分が情けなくて、自分の感情がわたしの中では悪者でした。でも、今は、感情を敏感に感じることができるFi機能が自分の強みであり、よい機能だと思えるようになっています。「落ち込んでも怒ってもいいんだ。でも、その感情表現はうまくやりたい」と思うようになりました。 それ分かります。感情をうまく表現したいので、怒っているときに物をバン!と強く置いてしまったときとかは、なぜ怒っていることの感情表現をコントロールできなかったんだ・・って思います。   —-感情表現として物の置き方までコントロールしたいんですね・・・! そうですね。感情の出し方を上手くやりたいというか。     物の置き方で感情のシグナルを送ってるのよね。     そうですね。逆に、人の物の置き方で「ああ、怒ってるんだな」と思ったりもします。     Fi主機能の人が自分のタイプを知った時の感情パターンは2つあって、1つは「自分は特別繊細で可哀そう」と感じてしまうパターン。そして、2つ目は「自分の主機能が問題と思い、その主機能を持つ自分のことが大嫌い」になってしまうパターンです。その二つのループに入っちゃう人もいます。二人はそんなことあったかしら?   タイプを学び始めた時はなぜ自分はこんなに怒ってしまうのか、なぜこんなに生き辛い人間なのかって思ってました。でも、タイプLABのセッションでタイプについての理解が深まっていくうちに、自分のFi機能が好きになりました。   わたしがタイプを学び始めた時は、感情に振り回されるFi主機能が嫌だと思っていました。でも、感情が揺れたら冷静に考えればいいとわかったら自分の主機能が嫌じゃなくなりました。   モグラの穴から出ようと思ったキッカケは何だったのかしら?変わったプロセスはどんな感じだったのかな?     以前はるみさんから「逃げずに続けてね。嫌と思っても諦めないでね」と言われたことは大きかったですね。逃げずに自分と向き合えばなんとかなると思えました。そして、逃げずに向き合った先にあったものは、嬉しさやポカポカした温かい気持ちでした。   タイプLABで自分の体験を話して人からの意見をもらうと、色々な見え方ができるようになりました。相手が悪いと思っていたのが、原因はもっと違うことだとわかると、これまでとは違う考え方ができるようになったと思います。   コツコツとタイプのセッションに参加し続けたから、変われたよね。続けるのって大きいと思います。     —-タイプを学んだことでの、一番の変化は何でしょうか。 自分の喜怒哀楽が激しいところが嫌いだったんですが、喜怒哀楽を感じにくい人もいると聞いたら、これは自分の強みだし誇るべきところだなと思えたことです。   わたしも前はみんな自分と同じ感じ方をしていると思っていたので、自分の感じ方が当たり前と思っていました。でも、主人がわたしとは違うタイプで、気持ちではなく言葉の内容に集中していることや、N(直観)タイプとS(五感)タイプの方の違いなどを知ることで、感じ方も考え方も違う人がいるということが理解できたことが大きかったですね。 —ISFPの人に最後に伝えたいことをお願いします! ISFPの方は感情が豊かなので一喜一憂して疲れてしまいがちです。だから、まずは自分の感情を認めてあげることが大切。それから、Tiの機能で客観的に相手が言ってる言葉の意味を考えるとよいと思います。   ISFPの人は感情に支配されてしまうので、Tiで冷静にならないとすごく苦しくなってしまいます。自分の感情を認めて冷静に考えることができるようになると、自分に自信を持てるようになり、悩みが解決して気持ちが楽になれると思います。   自分と向き合って、自分を認めて人と関わり続けたら自分の居場所ができて来るよね。     —今日は貴重なお話、ありがとうございました! Fi主機能のISFPタイプの方の感情との向き合い方は、自分の感情にしっかり向き合うことの大切さを教えてくれたように思います。ぜひみなさんも今回のお話を自分のFiとの向き合い方の参考にしてみてください。 ライター:ななえ(ESTP)