自分のタイプを知るとこんなに気持ちが楽になる!【ISFPタイプインタビュー】

今回はISFPタイプのゆうさん、まいさんのインタビュー記事です。ISFPタイプのお二人が人の性格には違うタイプがあることを学び、自分のタイプの特徴をよく知ることで大きな変化があったお話をはるみさんと一緒に伺いました。 [インタビューするISFPタイプのお二人のご紹介] タイプLABの公園遊び会に参加したことがきっかけでタイプにとても興味を持つ。成長コースで学びが深まり、自分と向き合いながら成長を続け、実際に悩みやストレスが減ることを実感。子どもたちとの関わり方もタイプによって違っていることにも興味を持ち、2020年12月よりトレーナーとしてタイプLABで活動中。   3年ほど前に江戸川区ワーキングマザー交流会とタイプLABのコラボ企画でタイプと出会う。 職場や家庭内での困りごとを解決したい、とゆっくりペースながら学びを進め、現在は卒業コース受講中。     --今日はISFPのお二人にお話を伺えるということで、Fi(内向的感情)のことをよく知ることができるのではと期待してます。 ISFPタイプの主機能であるFi(内向的感情)って、モグラが穴に入り込むように周りが見えなくなるから、自分で穴から出ようと思わないとなかなか出られないものなの。でも、ゆうさんはそこから自分で出て来るので、本当に感動します。まいさんも、変わってきたのが見えたので、今日のインタビューをお願いしました。 ゆうさん、まいさん、タイプを学んで自分はどう変わったかしら?   以前は人から自分の意見と違うことを言われると、攻撃されたと感じて逃げたくなるときがありましたが、今はその逃げたい気持ちを受け止めて理解し、客観的に考えることで気持ちの切り替えができるようになりました。   これまで、自分と意見が違う人は「この人はわたしと合わない人」と思ってフェードアウトしたり、距離をとったりすることもありました。でも、今は自分の考えと違うことを言われても、否定されたと思わずに、自分の気持ちが揺れていることを自分で受け止め、「なんでこんな気持ちになったんだろう」と考えられるようになりました。   ----お二人とも、自分の感情を客観的に見て考えることができるようになったのですね。やはり、それはタイプを学んだことでできるようになったのでしょうか? タイプを学ぶまでは、他の人も自分のように敏感に感情を感じるのが当たり前だと思っていました。でも、人の性格にはそれぞれ違うタイプがあって、自分のようには感じていないタイプの人もいることを知ってとても驚きました。それで自分は敏感に色々なことをキャッチしていると気づいたんです。 でも自分の感情を客観的に見られるようになったのは最近です。タイプセッションを通して、自分の気持ちをシェアしたり、他の方の気持ちが揺れるのを見たりしているうちに、段々とコツがつかめてきました。   ----Fi主機能の方は、毎日、常に色々な気持ちを敏感に感じているということなのですがFi機能の感覚って、例えて言うとどんな感じでしょうか。 Fiって感情のセンサーみたいなもので、いいことも悪いことも全部、リアルタイムに感じている感じです。     例えば、あるISFPの方に自分の好きな物があって、そして、その隣に座っている人が「私だったらそんなのは買わない」と言ったとします。そうすると、自分の好きなものを否定されたISFPの方はそれを聞いた途端に頭痛になってしまう。それくらいその瞬間にショックに気づくってことです。 Fi機能が弱い人は、その瞬間には自分の感情をキャッチできず、あとからジワジワ出てきて気づくのだけど、Fi主機能の人は感情をその瞬間に感じているのよね。 Fi主機能の方だけじゃなく誰でも感情に飲み込まれているときって、本人は自分の視野が狭くなっていることに気づかない。Fiはモグラが穴に入っちゃうイメージね。 そう、自分の感情の問題が解決しないと次にいけなくて、周りが見えなくなっちゃう感じです。    …

Continue Reading 自分のタイプを知るとこんなに気持ちが楽になる!【ISFPタイプインタビュー】

幸せな結婚生活を送る秘訣は・・・!

タイプLABのみなさん、こんにちは。今回は、晴美さん(ENFJ)と旦那さんのヨシキさん(ISTP)のインタビュー記事です。 お二人は今は本当に幸せな夫婦関係を築いていらっしゃいますが、これまでには危機的状況を乗り越えた経験があるそうです。そのような良好な夫婦関係を築く秘訣は、ISTPタイプの方が内向的感情(Fi)に気づいたことだったと言います。 「会社など論理的な思考が求められるビジネスの場では内向的思考(Ti)はその良さを発揮しますが、結婚生活や家庭の場ではFiを大切にすることが幸せになる秘訣」と晴美さん。 ISTPタイプはTiが主機能で論理的に考えることが得意なタイプ。一方で自分や他人の価値観や気持ちを感じるFiの機能が弱い傾向にあります。 そんなISTPタイプであるヨシキさんが、晴美さんとの結婚生活を通して自分や相手の気持ちをリアルに感じることができるようになり、結婚生活が本当に幸せなものに変わったのだそうです。 実際にどんな変化があったのか、お二人にお話を伺いました。 *** ---- 晴美さん、ヨシキさん、こんにちは!ISTPのヨシキさんがFi機能を知るようになったことで結婚生活が変わった!と聞いています。今日はどんなお話を伺えるのかちょっとドキドキしております(わたしもFi機能が弱いタイプなので)。晴美さん、ヨシキさんはどのように変わりましたか? 晴美さん:はい、ヨシキは本当に変わりました。 2~3年前、長女がタイプLABのチラシを見て「え?????ママが結婚相談してるの???ママが…???」と言ってすごくビックリしたことがありました。それくらい、その頃、わたしたち夫婦の仲は危機的状況でした。 今年で結婚14年になりますが、やっと今年になって安定している夫婦生活を過ごせるようになりました(笑)。 何が変わったかというと、一つめは、ヨシキが、人の心の温かさに気づいて、わたしが必要だとわかってくれたことです。前は、「僕は一人で生きていける、ハル(晴美さんのこと)なんて必要ない」と言っていました。 今年の2月に足を骨折したとき、わたしも彼に不満が重なってて、心の余裕もあまりなく、3カ月くらい実家に戻って彼とはほぼ会わない状態になりました。 その時期に、彼はやっと、わたしが必要だと気づきました。だから、ISTPの彼氏を持つ人には、わたしは「ISTPは振ったほうがいい」って言うんです。ISTPの人は振らないと、相手が必要だってことに気づかないから。 今はヨシキ、わたしと毎日いっぱいハグしてます♡ヨシキが、甘えてもいいんだって気づいたんです。気持ちのケアが大切だってこと、それに気づいてくれて、わたしはすごく満たされて幸せになりました♡ ヨシキさん:んー、まぁ、そうですね(照れ笑い)♡。 ----毎日ハグ!!!甘える大切さに気付いたってすごい変化ですね!大人になると甘えられなくなる人も多いと思うので。ヨシキさんは、やはり晴美さんから甘え方について学んだのでしょうか? ヨシキさん:自分のメンタルヘルスのために心のチャージが必要だってことは、ハルと過ごしていて最近わかってきました。スマホのチャージみたいなものですね。彼女にとっても、自分にとっても、甘えたほうがいい。Win-Winの関係というか。 ----お話を聞いていたら、わたしが照れてしまうくらい、お二人の幸せな気持ちが伝わってきます♡ 晴美さん:つまり、ヨシキがFiの部分をやっと経験で理解した結果だと思うんです。今までは自分や相手の気持ちを無視してきたけど、そこのケアとメンテナンスの必要性を分かってから180度関係が変わりました。 そして、もう一つ大きい変化は「ちゃんと自分の考えや気持ちを言えるようになった」ということです。 以前は、ヨシキは急に感情が爆発することが多く、わたしは突然のこと過ぎて何が何だかわからなくなっていました。相手が怒って感情的に話すので、話す内容も頭に入らない状態です。 でも今は、ヨシキが「今、ちょっとイライラしてる」などと、自分の感情を小出しにしてくれるようになったので、すごく楽になりました。 昔は、人の感情にも気づかないことが多く、わたしが「嫌だな」という表情をしても、それに気づかずにガンガン止めずに何度も同じことをするので、最後にはわたしが「止めてって言ってるでしょうが!!」と怒る羽目になっていたんです。それが、最近は、わたしの気持ちを察知して、止めてくれるようになりました(笑)。 ----なるほど・・・自分の気持ちだけでなく、相手の気持ちにも気づくようになったんですね。ヨシキさん、このお話を聞いていかがですか?やはり、自分は変わったと思われますでしょうか? ヨシキさん:確かに変わったかなと思いますね。昔は、「言われたら言い返す、やられたらやり返す」という考え方で、自分の中でフェアであることを重視してました。喧嘩をしているときは、相手が泣うが喚こうが、「その手にはのらないからな!騙されないぞ!」と思っていました。 ただ、自分のやり方が通用しない相手なんだということがわかってきて、イライラしたらきちんと伝えたり、相手が嫌な気持ちになっていたら止めたりすることができるようになってきたと思います。 晴美さん:わたしからすると、ヨシキのやり方はフェアではないのよね…。喧嘩しているときって、騙そうとなんてしてないのよね。悲しい、だから、泣いている、それだけのことをヨシキはわかってなかった。 でも、最近は、そういう感情がリアルなものだってことがわかってきたと思う。…

Continue Reading 幸せな結婚生活を送る秘訣は・・・!

息子と過ごすのが楽しくなった:INTPのタイプストーリー

私は考えることが好きでアイディアは湧いてくるのですが、いざそれを発信する、行動にうつすという段階になると、途端に怖くなって二の足を踏むことが多く、そういう自分を長年ダメな人間だと思ってきました。 例えば、私は学校以外の学びの場、サードプレイスを必要としている学生を支援する環境を作りたいと考えているにも関わらず、行動に移すことができず、そんな不甲斐ない自分に悶々とした想いを抱えてきました。 タイプに出会ったのは2020年12月、たまたま見ていたサイトにタイプ理論のセミナーの案内がありました。 心理学にもともと興味があったこともありますが、何かとても心惹かれるものがあり、すぐに申し込みました。 そのセミナーで五感タイプと直観タイプの違いについて説明を受けました。話を聞き、質問に答えていくうちに、私は直観タイプだということがわかりました。 何より驚いたのが五感タイプの方と私の物の見方や捉え方、考え方が全く違うと知ったことです。 それ以後、タイプ集まりなどにも出席し、少しずつ自分の文字がわかってきました。 しかし、最後の文字、判断タイプと知覚タイプの文字だけはどちらか判断がつかない状態でした。 そんな時に、心理機能を勉強することで、自分の文字がわかることがあるよとアドバイスをいただきました。 心理機能を勉強してよかったなと思うのは、自分が無意識にでも使える、どちらかというと得意なスキル、そして反対に意識して使おうとしないと、なかなか使えないスキルがあると知ったことです。 これにより自分の考え方や行動の癖が見えてきました。強みのスキルは使っていることがすぐ実感できました。 分析したり考えるのが好きな自分の傾向が見えて来たからです。それと真反対で自分の気持ちには鈍感で、意識しないと感情に気づかない傾向があったのです。 これまでにも自分には感情がないのではないかと心配になることがありました。しかし、感情がないのではなく、感情を味わうことを恐れ、分析してごまかしてしまう癖があるんだとわかりました。 感情を分析するのではなく、いったん受け止めることを意識することができるようになりました。 成長コースで心理機能を勉強するうちに、自分の能力に疑いをもたれるのが怖い、反応がないとダメだと言われているようで怖いといった、自分が抱いている恐怖の原因が少しづつ見えてきました。 自分がなぜ一歩踏み出すことができないのか徐々に見えてきました。これを乗り越えるには、行動するしかないと思い、Facebookに会合の告知を投稿しました。実際やってみると、なぜ今までできなかったのかな?と不思議に感じるほど簡単でした。 また息子の行動に対する私の反応も変わってきました。息子はとにかく体を動かすことが好きで、ひと時もじっとしていないタイプです。 私とはかなり違うタイプなのでどう接していいのか正直わからず、戸惑うばかりで、私には母性がないんだと悩むことがしばしばありました。 タイプに出会い息子の強みを知り、その心理機能を思う存分使っていると思うと今までが嘘のように穏やかな気持ちになりました。また息子の強みを知れたことで、息子を傷けてしまう可能性のある私の言動にも注意を向けることができるようになりました。 私はIタイプ、息子はEタイプです。以前はずっとおしゃべりをし動き回っている息子が心配になることもありました。 今では息子がお話を始めるとエネルギーチャージ中かな、エネルギーを外に放出してるのかな?といった感じで余裕が生まれ、息子に対する興味がますますわいてきました。 タイプを学んで行く程息子の得意な部分が見えて来て、息子と過ごす毎日が面白くなって来ています。 タイプに出会ってから行動が変わってきているのを日々感じています。文化活動にも積極的に関わるようになり、日本各地に多くの知り合いができ毎日が非常に充実しはじめています。 自分自身の交友関係や社会環境を広げたことで知り合えた人々から私の教室に通ってくれている生徒が音楽制作ソフトの使い方を学んだり、大人と幅広い話題について共に学ぶ場に参加しはじめています。 学んだことを海外の人に伝えていこうという活動も始めました。子どもの居場所を作る活動を少し前に進めることができたのも、タイプを知り、積極的に動きはじめることができた結果だと感じています。

Continue Reading 息子と過ごすのが楽しくなった:INTPのタイプストーリー

タイプLABで小さなボランティア、やってみませんか?

タイプLABのみなさん、こんにちは! 今回はタイプLABにご参加いただいているみなさんに、ぜひ小さなボランティアを試してもらいたいというお話です。 ボランティアというと、お金をもらわずに自分の時間を捧げる労働・・・というような、かなりとっつきにくいイメージをお持ちの方も多いかと思います。 でも実は、ボランティアはもっと身近なところでできます。 特に日本では「労働には対価があるべきもの」という考えが浸透しており、ボランティアがあまり普及していないため、本当のボランティアの価値を知らない人が多くいます。対価がないものには労力を払わない人も少なくありません(PTAをやりたがらない風潮もそれですね)。 しかし、ボランティアには、以下のような効能があります。 1.オキシトシンという「幸せホルモン」が出て、幸せな気持ちになる 2.ストレスで塞ぎこんでいる人が気持ちのブラックホールから抜け出せる 3.信頼・感謝の気持ちが生まれる #オキシトシンという幸せホルモン このホルモンは、人との深い関わりの中で分泌されます。人との関係からしか得ることのできないホルモンです。赤ちゃんが生まれたときに感じる幸せな気持ちは、このホルモンによるものです。このホルモンについて詳しくは、記事の一番下で紹介している記事をご確認ください! #気持ちのブラックホールからの脱出 気持ちが塞ぎこんでいるとき、なかなか気持ちのブラックホールから抜け出せないことがありますが、ボランティアをすると、そこから抜け出すキッカケになります。 #信頼・感謝 「お金をもらうからやる」というモチベーションの労働には、信頼や感謝が生まれません。対価はお金だからです。しかし、対価を伴わない行動には、信頼や感謝が生まれます。   現代社会は、人との関わりが少なくなる方向に向かっています。インターネットは発展し、SNSでつながった気になっていても、実はそこで得られる人間関係は限られたものです。 本当に人間に必要なのは、物理的にネットでつながることではなく、心と心の触れ合いなのです。 特に、現代社会は核家族化しており、めんどくさい人間関係は避けることが多くなっています。ひとりでいるほうが楽だからと、人と関わることに価値を感じない人も多いです。 お店に入っても、「いらっしゃいませー。ありがとうございましたー。」という画一的な挨拶が見られることも少なくありません。 人との一定の距離を置くことが「思いやり」だと勘違いして、ただ何もしないで終わりにすることもあります。 その結果、向かう先は、「孤独」です。 そのような現代社会に潜む問題を解決するための一助となるのがボランティアなのです。 タイプLABでは、さまざまなセッションを高くない価格で行っています。そのため、多くの方々のボランティアによってタイプLABの運営は成り立っています。 それは、トレーナーだけではありません。参加者の方のボランティアもとても大切な要素です。 これまでタイプLABのセッションに参加するだけだった方も、 「小さなボランティア」、ぜひ試してみませんか。 自分が得意なことでも、やってみたいことでも、大丈夫。 ボランティアで経験を積むことで、さまざまなタイプの人とも出会いがあり、コミュニケーションスキルも磨かれますよ。 タイプLABで、小さなボランティアやってみてもいいよ、という方、ご連絡お待ちしています^^…

Continue Reading タイプLABで小さなボランティア、やってみませんか?