By Harumi Gondo

By Harumi Gondo

権藤 晴美
理事長

タイプを自分のペースで!

名前:千香さん
タイプ:ESFP
職業:自宅でネイルサロン経営

ー千香さんは、3年ほど前に初めてタイプのセッションに参加されたようですが、始めたきっかけを教えてください。

ネイルに来てくださるお客様からの紹介でした。「いろんな人のことがわかって楽しいよ。たとえば人間関係などでトラブルが起きても、その原因がわかるかもしれない。理由がわかると気持ちがストンと落ちて、
落ち着くの」と教えてもらいました。そのとき格別何かに悩んでいたわけではありませんでしたが、「なんか面白そう!」という直感と、自分のタイプが知りたいという好奇心から、4文字セッションに参加しました。

ーセッションを受けてみていかがでしたか。

自分のタイプがわかるまで、結構悩む人も多いと聞きますが、私はすぐに自分のタイプが見つかりました。感情に従ってものを決めるタイプということも一因なのだと思いますが、ネイルサロンを自分で経営していたため、それまでも常に自分と対話をしていました。その経験から4文字が早く導けたのだと思います。

ー成長コースに進むまでは、少しブランクがあったようですが。

はい、正直腰が重かったです(笑)。成長コースを始めると、向こう半年くらい予定が決まってしまい、拘束されてしまう。なんか苦しい。セッションの内容よりも、そのことが自分の中でネックでした。また、ちょうど仕事と子育てでバタバタしていたこともあり、そのことが成長コースを始めない「言い訳」にもなっていました。

でもタイプには興味があったので、単発のセッションは受けていました。そこでトレーナーの方からのお誘いもあり、徐々に気持ちが高まってきました。「やりたい。もっと知ったら何か変わるかもしれない」。そして1年ほど前に成長コースに飛び込みました。

ー成長コースを受けてみてどうですか。

自分のタイプがわかり、楽になりました。この成長コースを始めるまで腰が重かったことも、まさに自分のタイプからくるものでした。予定が決まると苦しくなるのは、すぐ面倒になってしまう自分のダメな性格なのだと思っていたのですが、私は前もって段取りするのがしんどいタイプ。ミーティングなど予定が決まると苦しくなるけれど、それはしょうがない。そんな自分を認めて、受け入れる。するとそれまでそんな自分にモヤモヤしていたのですが、折り合いをつけられるようになりました。

まだまだ苦戦中ですが、タイプがわかったことで家族とも少し冷静に接することができるようになりました。夫はESTJで、ルール役割、常識を大切にするタイプです。感情で動く私とは真逆のため、夫の発言がいつも事実ばかりで、私に嫌味を言っているとしか捉えられませんでした。「なんでそんなことを言うの」とイライラしていたのですが、それこそ夫が大事にしているポイントなのだとわかったことで、落とし所を見
つけられるようになりました。

また、子どものことでも反省したことがあります。私、主人、次女がEタイプで自分の気持ちを外に発散してスッキリするタイプです。みんなが言いたい放題言っている中、長女だけがいつも黙っていました。「言いたいことがあれば、言えばいいのに。なんでお姉ちゃんだけできないのかな」と思っていたのですが、彼女は内側に溜め込むタイプでした。反応が薄いことを責めていたけれど、本人の中ではしっかり理解し、自分の意見を持っていたのです。

それぞれのタイプを知ったからといって、まったく衝突しないわけではないですが、何かが起きた時に、相手のせいにするのではなく、立ち止まって自分にベクトルを向けることができるようになりました。そのことは大きな進歩だと思っています。

ーこれから成長コースを受けようか悩んでいる人へ。

自分にはダメなとこもあるし、良いところもある。それが個性だとわかり自分自身を受け入れてあげられるようになりました。それは新しい可能性を見つけられるチャンスです。私は苦手なポイントと大事なポイントを知ることによって、自分に寛容になれました。もっと多くの人に「自分は自分でいいんだよ」ということをわかってもらいたいです。セッションでは痛いところを突かれることもあるけど(笑い)、成長コースをオススメします。

Share Post / シェアする!

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email