[成長コースどうだった??」ENTJさんの答え

Share This Post

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email

成長コースを受けて変化を感じているか?

Aさん(7月2017年ー12月2017年成長コース参加しました)感じている。まだ完全ではないですが、人間関係などでトラブルになりそうになったとき自分のタイプを思い出して、どうしてそうなったのかと考えられるようになった。(仮に間違っていたとしても)そして、弱い機能に対して意識して使うように気をつけれるようになった。

Bさん(4月2018年−10月2018年成長コース参加しました):このコースを学ぶことが自分の成長に必ず繋がるということを信じれるようになった事(Ni)。また自分の怒りポイント、人のジャッジの仕方なども主機能のTeやTiがFiより高いので好き嫌いで判断してる事などを客観的事実として知れてそれを信頼できたこと。

Cさん(9月2018年ー2月2019年成長コース参加しました):はい、感じます。4番目のFiばかりで話をしていて、5番目のTiが足りていなかった。

成長コースで一番厳しかった事は。。。

Aさん:自分の下の方の認識機能が悪いように作用した例を発表しなければならなかったとき。

Bさん:6番目のSi。日程調整や、場所の確認不足。また人の話をただきくということが苦手で、その中でも主機能でジャッジしてこれは価値があるかないかで判断して、価値がないものと勝手に判断してしまうものは関心がなくて聴くのがとても苦しかった。よく頭がどこかに飛んでしまっていた。

Cさん:今回は2回目のコースという事で以前よりも理解は多かった様に思います。自分が感情で話すことが多いことや、客観的に見れていないことで、不安が多かった事に気付いた事。

成長コースで嬉しかった事は。。。

Aさん:自分の人生における行動パターンがどうしてそうなっていたのかというのを、タイプにあてはめて考えたときに合点がいくことがわたった時。

Bさん:主人との関係の中で自分のレベルアップが必須だと認識していたのですが、それをどうしたらいいのか?という悩みがでてきていて、それの解決の糸口に繋がる!と信じれたことが非常に嬉しかった。まだ不十分出入り口レベルですが、自分や主人のタイプと同じ人を見たときに客観的に自分たちを理解できるようになってきていること。自分のFiがとても弱いことなどに気づけたこと。

Cさん:はるみさんはじめコースの方が向き合って下さったお陰だで主人との関係や理解を自分できづくことができた事。今までの自分のパターンに気づくきっかけになったこと。

一番印象的なセッションは。。。

Aさん:Fi
2回受講してきて『価値観 感情』にあたるFiをTiを使って開いて行くことが人間関係を深める鍵だということを学んだことが大きい。『自分が正しくないと思える方法』=『葛藤を乗り越える』ステージに行けるように成長したい。

Bさん:繰り返しになりますが、自分がその人を好きか嫌いかで判断していることに気づいた。

Cさん自分は、感情で話がちで、客観的になりにくい。また主人や人のせいにしていた事も、結局は自分が意識してやっていなかったり、なんでまた自分でやってしまう事で自分のせい。相手の能力を奪ってしまっていた事にもきづけたこと。なので自分が問題に気づけてTi 行動Teする事が大切。

どの機能の見方がかわったか?

Aさん:まだ2機能の受講を残しているが、Fi。

Bさん:希望も兼ねてTi 客観的にものごとをみる。

CさんTi

自分と同じタイプの方が成長コースを受ける場合、コースの効果をより良く感じるにはどんなアドバイスを伝えますか?

Aさん:日常で自分のタイプの機能を意識する時間を作ってみる。または意識して過ごして行くこと。

Bさん:はるみさんの言われる成長する人の共通点をよく読んで実践してみてください。自分なりに目のつくところにタイプの事などを貼っておくこともおすすめです。やれば本当に変わると思います。

Cさん自分の成長を望むためにも、まずこのタイプを信用する事。そして自分の失敗談を勇気を出してシェアしていく分、タイプへの想いも含めて向上して色んな解決に向かう事が出来ると思います。自分を向上させるためにも信じて頑張って下さい!

自分同じタイプの方にはどう成長コースおすすめしますか?

Aさん:限られた期間内でセットでひとまず受講するのは機能を知る上で合理的な時間の使い方だと説明します。

Bさん:ちゃんとこれを信じて自分ごととして聞いてやってみて? あなたの欲しい結果がやった分だけ、得られると思うよ。

Cさんなかなか外に向きがちな矢印を内側に向けるチャンスです。自分の事を知ってくる事で、大切なパートナーや家族、周りの方への対応も変わってきます。チャレンジしてみませんか?

Subscribe To Our Newsletter

Get updates and learn from the best

More To Explore

認識機能ってなぁに??

*8つの認識機能を手がかりに、タイプを深く理解しよう* 認識機能とはカール・ユングが提唱したもので、「人間の脳の働き方」を表しています。 ユングは、心のエネルギーの方向性は 「外向的(extraversion)」 「内向

4つのタイプの行動の違い

今月は四つのタイプグループとのタイプ集まりをzoomで行う機会がありました。 EP, IJ, EJ, IPの行動パターンを実感出来ました。 違いはとても分かりやすかったし、写真※でもその違いも見えました。 ※写真は許可を