【初めてでも、何度もでも】一番来てほしいのはタイプ集まり!

タイプLABには4文字セッションをはじめ、たくさんの種類のセッションがあります。
その中でもひときわ価格を抑えて開催しているのが「タイプ集まり」。

なぜそうしているのか?

それはずばり、タイプ集まりこそタイプLABの核となる一番大切なセッションだからです!

「え、そうだったの?!」とびっくりする方もいるかもしれませんが、
何を隠そう、タイプ集まりこそがタイプLABの真の理念を体現しているセッションなのです。

タイプ集まりはこんな集まり!

タイプ集まりでは、タイプごとにグループに分かれて、さまざまなアクティビティをします。

例えば、J(Judging 判断的)とP(Perceiving 知覚的)を比べた回では、「旅行の計画」をテーマにそれぞれのグループに分かれて考え方・感じ方を比べました。
こうすることで面白いほどタイプの違いが歴然!その違いの大きさたるや、毎回爆笑が巻き起こるほど!
はじめは自分がどちらのタイプか迷う方でも、実際にグループに入ってみることで、
「あ!わたしはこっちだ!」「やっぱり、あっちだ!」とわかるようになってきます。

タイプ集まりは、自分のタイプを確認するのと同時に、反対側のタイプの方との違いを認めた上で、お互いに理解を深めていける内容となっています。

タイプ集まりの概要はこちらの記事がおすすめ!

タイプ集まりって何?
ここが面白い!気軽に新しい価値を学べるタイプ集まり

◆タイプ集まりの真の価値

さて、上に書いた内容だけでも十分価値あるセッションとなっているのですが、
実はタイプ集まりの真の価値はそれだけではありません。

タイプ集まりは「幸せになるスキル」を磨く練習の場として、タイプLABの中核をなす場なのです。

◆幸せになるにはスキルが必要

意外な事実ですが、幸せになるにはスキルが必要です。
ここではそれをハッピースキルと呼ぶことにします。

では、ハッピースキルとはいったい何か?

それを解明するために、まずは幸せを感じるホルモンについて少しご紹介したいと思います。

◆幸せとホルモンの関係

実は、私たちが感じる「幸せ」という漠然とした概念は、ホルモンの働きによって科学的に解明されています。

幸せを感じさせるホルモンにはいくつか種類があります。

ドーパミン(タイプLAB語ではSe!!
ドンっと燃え上がりパッと散る花火のような快楽ホルモン。小さなステップで成長を感じさせるのに役立つ。

例:買い物したとき、ゲームのレベルが上がったとき、肉体的な快楽など。
自分だけでハッピーになれる反面、すぐに消えてしまうのでどんどん刺激を求めてしまい、依存症の原因になってしまうことも。

セロトニン(タイプLAB語ではTe!!
社会的に認められることで分泌される幸せホルモン。社会的な関係性を強め、達成感を得られる。

例:褒められたとき、表彰されたときなど。
自信がつき、失敗を乗り越える力を与えてくれる。

オキシトシン(タイプLAB語ではFeFi!!)
人とかかわる、触れ合うことで得られる幸せホルモン。人との絆を深める。

例:親子が抱き合うとき、握手などのスキンシップ、ボランティアで誰かの役に立ったとき。
自分に利益がなくても、人との関わりから充足感が得られ、心から満たされる。

そう、幸せホルモンの中でオキシトシンだけが唯一、自分に何の見返りも必要とせず、人との関わりだけで幸せになれるすごいパワーを秘めているのです。
そしてこのオキシトシンを如何に分泌させるか、それこそが「ハッピースキル」の本質です。

◆オキシトシン不足の現代人はハッピースキルも低下

そう、幸せホルモンの中でオキシトシンだけが唯一、自分に何の見返りも必要とせず、人との関わりだけで幸せになれるすごいパワーを秘めているのです。

そしてこのオキシトシンを如何に分泌させるか、それこそが「ハッピースキル」の本質です。

◆現代人はオキシトシン不足

現代社会では、ほとんどの人がオキシトシン不足に陥っていると言われています。

人類は太古より集団で暮らし、今よりもっと大きなグループで労働や子育てを分担していました。

部族や村ごとに苦楽を共有することで、必然的に考えの合わない人とも意見をぶつけ合って成長したり、家族以外の人とも自然にスキンシップをとったりして、
多くの人との深い関わりの中でオキシトシンを分泌し幸せを実感していたのです。

そうしたライフスタイルの中で、ごくごく自然にハッピースキルを磨いていたと言えます。

ところが近年は核家族化が進み、どんな問題も基本的には家族の中で解決しなければならなくなりました。

それと同時に、人との付き合いも表面的になり、苦手な人とは付き合わない、または表面的な関係だけで終わらせるようになりました。

合わないと思ったらその場で話だけ合わせて、次からは連絡しないで切り捨てる、というような刹那的な人間関係も少なくありません。

しかし、このような表面的な関係ではオキシトシンは不足してしまいます。

◆現代人にはハッピースキルを磨く場がない

現代に生きる私たちに、見返りを求めず誰かのために行動した経験はどれほどあるでしょう?

最後に家族以外の人に触れたのはいつでしょう?

そして価値観が合わなくても長く付き合いを続けている友人が何人いるでしょう?

本当の意味で人と深く関わるチャンスが現代ではほとんどなくなってしまったのです。

確かに、表面的な関係は諍いも起こらず、一見して平和をもたらします。
しかし、合わない人と付き合うスキルが低下してしまった現代人は、大きな問題に直面しています。

◆合わなくても切り捨てられない人間関係

知人や友人関係では、合わなかったら切り捨てることができても、
家族、職場、近隣関係では、それができないのです。

実際、多くの方が夫婦や子育ての問題、職場での人間関係に悩んだのをきっかけにセッションに参加して下さっています。

毎日顔を合わせる家族や職場の方と、本当の意味で気持ちよく付き合えなかったら、人生は非常につらいものになります。

でも、タイプの違いを理解し、深く付き合っていけるスキルを磨けば、幸せを感じるチャンスは格段にアップします。

現代人にはハッピースキルを磨く場が必要なのです!

◆タイプ集まりでハッピースキルを磨こう!

タイプ集まりは、現代社会においてハッピースキルを磨く場として大きな役割を果たしたいとの願いから開催しています。
色々なタイプの方との関わり方を模索し、ハッピースキルの練習の場にして頂きたいのです。

自分の大切にしたいものは何か?そして、相手が大切にしたいものは何か?
それを本当の意味で理解し、この人は私とは違う、けれどどちらの宝物も大切だね。
そう認め合って付き合っていくことがハッピースキルを磨くことにつながります。

◆どのステップでも、何度でも!

大切なのは実践を続けていくことです。

4文字セッション、認識機能セッションとステップアップして行くうちに、「タイプ集まりはもうやったからいいや…」となってしまう方も多いのですが、非常にもったいないです!

タイプLABのどの段階にいる方でも、いつでも何度でも立ち寄ってハッピースキルを絶えず磨き続けてほしいのです。

◆本音でぶつかり合える貴重な場

タイプ集まりでは、自分と違うタイプの方とたくさん出会えます。

そして参加者が皆、自分を知りたい、タイプの違いを理解したいと願っているので、本音でぶつかり合うことができます。

現代社会でこのような場がもてるのは非常に貴重ではないでしょうか。

ぜひタイプ集まりに来て、たくさんのタイプの方と関わって、深い交流を持ってほしい。

そしてハッピースキルを身につけて本当の意味で幸せになってほしい。
それこそがタイプLABの一番の願いなのです。

ここが面白い!気軽に新しい価値観を学べるタイプ集まり

大森百合子、ライター

4月から、新学期が始まりますね。新しい生活への不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

私自身も、沢山の出会いに対する期待する反面、「色々な人と上手く付き合うにはどうしたら良いのだろう?」と悩むこともあります。

そんなアナタにオススメなのが、タイプラボの「タイプ集まり」。

このセッションは、4文字タイプセッションを通して自分のタイプを把握した方を対象にしており、月に1回定期開催しています。

自分とは考え方や感じ方の違う人たちと一緒にグループワークを行うことで、「自分の思考のクセ」「大事にしている価値観」などが見える、とても面白いセッションなんですよ!

今回は、タイプ集まりの面白さを大きく3つに分けてご紹介したいと思います。

理想な初対面の見本

①自分と他人の違いを知ることが出来る

セッションは、タイプ毎に4つのグループに分かれてワークします。それぞれが「理想の初対面」などについて話し合い、意見を発表してみると面白いほど各グループの答えや価値観が違うことに驚かされます。

このワークで、「だからあの人はこう言ってたのね!悪気は無かったんだ!」など実体験の理解につながることもあります。

②「他人の思考」を体験することで、他人を理解出来るようになる

TF比べてます!

更に面白いのは、違うタイプの「理想の初対面」を実際に体験してみるというワーク。協調性を重視するグループの中にそうではない人が入ると、無理に歯を見せて笑ってみたり…。実際に「他人から見た自分を客観視」出来るので、思わず笑ってしまう人もいます。

このパートで、私は相手に自分の価値観を押し付けることに意味がないことを学びました。

③セッション中に起こる様々な「事件?!」

セッション中は、慣れない本音のぶつかり合いにショックを感じてしまう人も。普段はワイワイしているグループが「真面目モード」になってみたり、普段は真面目なグループが「楽しさ全開モード」になっていたり…。

そういった予想外の出来事や発見がこのセッションを面白いものにしてるのだと思います。

最後に、タイプトレーナーのはるみさんによると、初心者の方も多いタイプ集まりですが、タイプラボに定期的に学習されている方からは、自己理解を深めたことによる「自信」が見えたそうです。

やはり「自分を知る」ことは、自信やパワーに繋がるんだなと改めて思いました。

タイプ集まりって何?

公園の「砂場」では子供達が自由に遊ぶ場所ですよね。

「タイプ集まり」はタイプラボの砂場です。

TF比べてます!

最初の4文字タイプセッションと認識機能セッションでは集中して新しい内容を学習して行くとこです。

タイプ集まりでは会話とアクティビティ通して自分と人との違いを経験して比べる機会です。

積み木で直感・五感タイプの違いを比べてます

9月2017年の初心者タイプ集まりではN(直感)とS(五感)タイプの違いを探りました。

アシスタントの康子さんのオリジナルアクティビティもみなさんに経験してもらいました。

最初のアクティビティでは3人Nの方と3人Sの方をグループに分けました。

 

グループ分けたら積み木とゴムバンド、スポンジ、ノートで『お家』を作ってもらいました。

Nグループのメンバーはそれぞれ自由に想像力使っ

初心者タイプ集まりでNとSの違いを比べました

てアイディアを考え、そのアイディアをみんなで繋げて家を完成しました。

Sグループはじっくりみんなで与えられた道具を観察して土台を確認しながり一つ一つ話し合って家を組み立てました。

NグループとSグループそれぞれ素敵なお家を立てましたが作り方、やり方の違いでNとSの違いを経験しました。

SさんはNさんの想像力とアイディアに感動し、NさんはSさんの観察力、具体的と現実的な気付きに驚いてました。

アクティビティ通してNとSの違いを探りお互いの魅力も見えて面白い刺激的なセッションだったと思います。

毎月タイプ集まりを行っていますので4文字タイプセッション受けた後タイプの違いを具体的に知る為に参加してください。

もっとタイプ集まりの事読む。。。

ここが面白い!気軽に新しい価値観を学べるタイプ集まり