なりたい自分になるためのたった一つの秘訣 :「レジスタンス」に打ち勝つ!

こんにちは。
今日はタイプLABの皆さんにぜひ知っておいてほしい、なりたい自分になるための秘訣についてお伝えします。

これだ!という夢を見つけた時、背後に忍び寄る悪魔の影をご存知ですか?
今回はその悪魔にスポットを当てていきます。

ー「悪魔」のささやきにご用心!

こんな経験はありませんか?勉強をしようと思ったのに、気づいたら漫画を読みふけっていた…
ブログを書こうとPCの前に座ったのに、気づけば関係ないことに数時間費やしていた…
これだ!という企画を思いついたのに、結局実行に移さず終わってしまった…

これは言わば悪魔のささやきに負けた状態。
その悪魔の名こそが、「レジスタンス」です。

レジスタンスとは

レジスタンス」という言葉を提唱したスティーブン・プレスフィールド(Steven Pressfield)の『The War of Art: Break Through the Blocks and Win Your Inner Creative Battles』和訳:『やりとげる力』に、こんな印象的な一節があります。

“さて、ヒトラーははじめ芸術家志望だった。彼は18歳の時相続した700クローネの遺産を持って勉学のためウィーンに移り住み、ウィーン美術アカデミーや建築学校を受験した。

彼の作品を一つでも見たことはあるだろうか?無論私にもない。

レジスタンスが彼を打ちのめしたのだ。大げさと言われようが敢えてこう言おう。ヒトラーにとっては、第二次世界大戦を開戦させるほうが、空白のキャンバスに向き合うより楽だったのだ。”

Steven Pressfield『The War of Art: Break Through the Blocks and Win Your Inner Creative Battles

夢をかなえる上で、理想の自分になる上で、必ずぶつかる心の壁、それがレジスタンスなのです。

レジスタンスの具体例

レジスタンスは、ありとあらゆる形をとって邪魔をしてきます。
例えば
・「明日でいいや」(先延ばし)
・「やっぱりできないんじゃないか」(不安)
・「失敗したらどうしよう」(恐れ)
・「〜だからできない」(言い訳)
・   愚痴、悪口、噂話(自分から目を逸らすための行動)
・   スマホ中毒、 ゲーム依存、アルコール依存症などの様々な依存症(現実逃避)

これらすべてが、レジスタンスの現れです。

レジスタンスに打ち勝つには?

ではレジスタンスに打ち勝つにはどうしたらよいか?
答えはとても単純です。

ただ淡々とやること。そしてやりつづけること。たったこれだけなのです。

タイプLABで良く聞くと思います。

Te〜!!「とにかくやる!』

ー成功の秘訣はたった一つ

成功を掴む人とそうでない人、その違いは生まれ持った才能でもスキルでもありません。

行動し続けたか、途中でやめたか、それだけです。

つまるところ、成功するために必要なのは、興味と、打ち込む環境と、それによる経験の蓄積です。

もっとシンプルに言い換えれば、使命感(認識機能を知ってる皆さん:Ni!!!)を感じたことを、レジスタンスに打ち負かされることなく、やり続けただけ。

これこそがたった一つの夢を叶える成功の秘訣なのです。

ー淡々と行動するのみ

レジスタンスという悪魔は手強く、生きている限り闘い続けなければならない相手です。

しかし大切なのは敵を知ること。

レジスタンスに支配されそう!と意識するだけでも、行動を変えるきっかけになります。少しずつでいい、とにかく毎日やり続けることだけを意識しましょう。

もしあなたがすでに自分の夢を見つけているとしたら、それだけでゴールのすぐ手前まで来ています。

ゴール達成するのは諦めなかった人だけ。

あとは淡々と足を前に出すだけです!