「やっぱり夫、大好きだったんだー」

こんにちは。ESFPの大森です。

日々過ごしていると、イライラしたりついつい怒ってしまったり、人間関係で葛藤してしまうこと、ありますよね。

タイプLABでは、そんな気持ちにきちんと向き合い、分析して自己理解をすることをお勧めしています。”自分がなぜ怒っているか”という自己理解が進むと、自分の気持ちを素直に認められるようになるからです。

今回は、タイプを学ばれているESTJの女性が、ご自身の本当の気持ちに気がつくまでのお話を、はるみさんと私とバトンタッチで、インタビュー形式でお届けいたします。

はるみ:今年の2月頃でした、ESTJタイプのAさんとセッションをやりたいて思ってて、Aさんに軽くメールで声掛けました。

いつもと同じく返事が早かったです。

はるみ:Aさんからはちょこちょこ旦那さんとは話していないとは聞いていましたがこの状況にいたんだと分かって正直焦りました。

Aさん:夫とはもう話していないから、早く結論出したかったんです。嫌な関係が嫌になってて、解決したくて、でもその方法は離婚しかないと思っていました。

自分の人生をリセットしたかったんです。

はるみさんから連絡来てた時は離婚の話が始まってて。財産とか子供の親権の話もしてたけど進まなくなってて、多分私が離婚したくなくて、進めてなかったのかなって今は思いますが。

はるみ:そこで私がかなりドキドキして返事しました。

そしていつも通り結論はすぐ出ました。その日の午後、ラインで返事が来ました。

はるみ:7月に成長コースが始まり、Aさんは最初の日から泣いてたんですよね。

私から見るとAさんは旦那さんが凄く好きだから気になってる。成長コースのセッションでは毎回旦那さんの話ばかりするんですよね。

Aさんは真面目なのでセッション中では人の話は聞いてましたし、やるべきの事はやっていました。

そしてこの事件が起きました。

その事件、娘とトレーナーのえりかさんのサポートでAさんは人生初めて自分と向き合ったと思います。

Aさん:管理しようとしてる自分を認めるのが嫌だったんです。こんなに人を自分の思い通りに動かそうとしてる自分を見るのが嫌でした。

でもそこが見えて、やっとそこを自分で認めたんです。

そこでやっと冷静になって自分の現実を見えて来たんです。

はるみ:

「自分と向き合う」のって自分が見ないようにしてる自分を見るって事ですね。

そこを冷静に見ると自分を客観的に見て、次は自分を理解出来るようになると思います。

Aさん:タイプ勉強してると人は違うって分かってたけど、

でもセッションでも人の話聞いてて、「私の考えと違う」って思って終わってた感じでした。自分は特に影響されなかった。だって、「人は人」って思っていました。

でもやっと管理したがる自分を認めて、

「周りは違う目線があるんだ」ってやっと心から分かったんです。

実感しました。

そこから初めて客観的に自分がどの機能をどうやって使えるかを分かったので、機能を理解たい気持ちが強くなり、人の話を理解出来るように積極的に聞くようになったんです。

はるみ:その大きい大きい気付きで日常に変わって来たんですよね?

Aさん:はい、前は行動して、人の態度、反応に怒って、リセット。

行動、怒り、リセット。

パターン見えなかったし、解決ももちろんできない。

でも自分を見えて来て、自分の行動を振り返るようなったんです。

はるみ:でも、自分を分かって来てるのは見えたけど、でもセッションでは旦那さんを攻撃してましたよね(笑)

Aさん:そうなんです。夫に対して、嫌いって思っていました。

自分の行動には振り返れたけど、旦那さんが来ると、実行できなかった。自分の好きの気持ちも気付けなかったし素直に感じたくなかった。「そうじゃない」って思い込んでたと思います。

なので「嫌いだ、嫌いだ、離婚したい」って言い続けてました。

ここでゆりこさんにバトンタッチします!

ゆりこ:最近、夫婦関係において新たな気づきがあったのですよね。今日はそのお話をお話くださいますか?

Aさん:少し前のことなのですが、イトーヨーカドーに1人で買い物に行ったんですよ。そしたら、休日だったからか、夫婦やカップルがなぜかたくさん目について。

それに対して、ものすごくイライラしたんです(笑)。

ゆりこ:そうなんですね!笑 なんでイライラしたのでしょう?

Aさん:いや、世の旦那さんはこうして休日に一緒に買い物とかしているのに、うちの夫は何もしてくれない、とかよく考えたら会話もあまりないし、とかどんどん考えてしまって。

でも、その時私、「なんで自分は今こんなにイライラしてるんだろう?」とふと立ち止まって自分のイライラと向き合ったんです。

そして分析して、「夫のことが好きなんだ!」ってことに気がついたんです!(笑)

ゆりこ:可愛い!可愛すぎます!

Aさん:いや、やっと認めたんですよね(笑)

本音では夫に認められたいし、よく考えたら私、セッションでも常に夫のことしか喋ってないし

でも、「夫のことが好きな自分の気持ち」を認めてあげられたら、今度は夫のことも認めてあげられるという、良い循環ができました。

ゆりこ:具体的に教えていただけますか?

Aさん:夫のことが好きだ、ということに気がついた後に、一度喧嘩になったことがあったんです。

前からセッションで夫のタイプは命令口調が嫌だって、聞いてたけど、本人が目の前に現れると命令口調を辞めず攻撃してしました。冷静でいられなくて、感情的になって、

そこで夫は黙っちゃてました。

けど今回は夫が自分の気持ちを素直に伝える重要さを分かって来てたので、

「その言い方が嫌なの!」って爆発しました。

そこで私が頑張って優しく話した方変えたんです。今まで出来なかった事をやっと実行出来たんです。

今までの私は無意識に命令口調だったんですけど、その時は意識して口調を変えました。

そして、冷静に「あなたはどうしたいの?」という気持ちを聞くことが出来たんです。

ゆりこ:ご主人の対応は変化しましたか?

Aさん:これ、私たち夫婦にとっては結構すごいことで。

今までは私がいつも夫の話を否定し、それで夫の気持ちを傷つけてしまい、夫は私方逃げてしまっていたんです。

けれど今回は落ち着いて冷静に自分の気持ちを伝えたことで、話し合いがとてもうまくいきました。

ゆりこ:感情をそのままぶつけるのと、伝えるって、ずいぶん違いますもんね。

Aさん:なので、その時はやっと夫が「もっと必要とされたい」という彼自身の気持ちをシェアしてくれたことで、やっと私が求めてきた夫婦の話し合いらしい話し合いができたな、とすごく満足でした。

必要とされたい、もっと家事をやりたい、だから任せてくれって言うんです。

私個人は私が掃除した方が早い方譲りたくはなかったのですが、夫の意思を認めてあげようという気持ちになりました。

ゆりこ:すごい変化ですよね!

Aさん:ただ、どうしてもイライラして、その時の感情を相手にぶつけてしまうこともまだあります。

でもこれからは少しずつ気をつけて、常に自分の気持ちと向き合えたらいいと思っています。

はるみ:その夜、Aさんとラインで話してたらこれをシェアしてくれました。


はるみ:もちろん、ここで簡単にハッピーハッピーエンドではないですよね。

これからですよね♥

みんな一緒に頑張りましょう。

自分と家族の関係が変わる。成長の2つのステップ。

こんにちは。ESFPの大森です。

先日、タイプLABのメンバーのみなさまに協力していただき、4文字タイプ用の新しいテキスト作成のため、電話インタビューを行いました。

インタビューは理事のはるみさんとマテリアル・エディターを務める康子さんが担当。

特にINFJの康子さんは、各タイプへのインタビューとテキスト作成という仕事を通していくつかの気づきがあったということで、その内容をまとめさせていただきました。

******

自分と家族の関係が変わる。成長の2つのステップ。

ー康子さんには、前回の<自分と向き合う>記事で、行動力がいかに大切かの気づきについて書いて下さいましたよね。その後も16タイプのテキスト作りに関わり、成長のきっかけが沢山あったとお伺いしました

はい。

16タイプの方全員に電話インタビューを行い、それぞれのタイプの性格、イライラポイントや主機能を使いすぎた状態 などについてヒアリングを行いました。

ーインタビューをされてみていかがでしたか?

実は、このインタビューのお仕事を受けた時に、はるみさんに自分が確実に稼動できるスケジュールを提出したのですが、それがものすごく少ない日程で。よく考えてみたら、これじゃ絶対仕事終わらないでしょ、っていう。

それを見たはるみさんからこんな連絡が来ました。

私は、個人的には人に迷惑掛けるのが凄く凄く嫌なので「じゃ、いいよー、私自分でやるね」って言う傾向ががあるのよね。けど自分で抱えていっぱいいっぱいなるほうなので、夜参加したい場合、自分で決めて下さい。」

はるみさんの、参加したい場合自分で決めてください、っていう言葉と、

インタビューのスケジュール決めるの大変でヘルプって叫んでるのかな、と私が考えた結果、

はるみさんに協力しよう、

時間作ろう、

家族にも気持ちを伝えよう、

って思いました。

自分でもインタビューやりたいという気持ちももちろんありました。

ーなるほど!

実は、このインタビューをする際に家族の協力を得るのも少し勇気が必要だったんです。

私の主人は家では割と自由にしていたい人なので、私が毎日家で長時間電話インタビューをすることについて夫がどう思うかに、少し不安がありました。

でも、はるみさんのように自分のFiを相手に言っても良いという気づきがあったので、夫に無事に自分の希望を打ち明けることができて。

結果はあっけなく「やりたいならいいよ」という返事でした。

今まではFeで相手に気遣うあまり自分の要求(Fi)を出すのが苦手でしたが、自分のやりたいことを優先する大切さを理解するきっかけにもなりました。

ーそれは大きな変化ですよね!

また、娘との関係、息子との関係もそれぞれ変化したんです。

認識機能の気付き的には、自分のNi(主機能)のこだわりに気がついたこと。

まず娘に関して言えば、現在受験生ということで、受験勉強をしなくてはいけないのですが、人の集まるところが少し苦手ということもあり、私がつきっきりで勉強を見ていたんです。

ーすごい!

それこそ、もう横にピタッと張り付いて。問題の解き方など、わからないことがあればいつでも質問できるように、家庭教師状態でした。彼女を導いてあげるのは私だ!という思い込みもありました。

でも、ふとある時に、自分のNiを疑い、別の機能(Ne)を使ってみたんです。

つきっきり状態から、まず1人で問題を解かせ、わからない部分に付箋を貼ってもらいその後まとめて説明をする、というような。

娘にも新しい方法を提案したところ、「その方が私も頑張れる」と言ってくれて。

ーご自身の主機能を疑ってみることで、状況がより改善されましたよね。すごいです。

息子との関係も変化しました。

インタビューのお仕事のため、22:00には息子を絶対に寝かせなくてはいけなくなったんです。今までは添い寝をしてあげないといけないという勝手な思い込みがあったんですけれど。

毎日毎日、22:00就寝に間に合うように寝かせていたら、そのうちに1人で寝てくれるようになったんです。息子自体も自立ができました。

さらになんですけれど、

ISTPFiが一番低いはずの主人が、娘の件で「俺はそれは全面的に依存しすぎじゃないかと思ってた」とか、息子の件では「息子に甘すぎると思っていた」とか気持ちをすごく出してきたのにもびっくりしました。

ー何だかご家族と康子さんの関係がどんどん良い方向に向かっていますよね!今後はどうしていきたいですか?

やはり、自分の下の機能であるTe Si を強化していきたいと思っています。

気持ちを説明することにも今まですごく罪悪感があったのですが、その大切さも分かったし、自分のタスクをこなしつつ、人にも上手に頼れるようになりたいと思います。

『自分と向き合う』 私の場合、、、 足りなかったのは、「行動力」

こんにちは。初めて記事を書かせていただくことになりました、タイプトレーナー研修生のINFJ阿部康子です。

『自分と向き合う』、たびたびタイプLABで耳にする、目にするキーワードです。言葉にするのは簡単ですが、自分と向き合う、客観視する作業は本当に難しいです。今回はトレーナーを目指す私の「自分と向き合った」経験をお伝えしようと思います。

タイプトレーナーになりたい、という、私の中に芽生えた夢を、晴美さんに話したのはもうだいぶ前のことになります。でも、それを伝えたはいいものの、実際の私はというと、グズグズ、もやもやしていました。

セッションにアシスタントとして参加させてもらっても、ただ、参加者さんの様子を観察しているだけ。晴美さんの話を聞いているだけ。晴美さんの集中力をサポートするためには、どうしたらいいだろう?どのタイミングで、どんな発言をしたら、参加者さんの理解につながるだろう?とただひたすら考えるだけでした。

こんなことで本当に晴美さんをサポートできているわけがない。参加者さんたちにとって私の存在は、果たして役に立っているのだろうか、、、

考えに考え続けて、結局自信がなくなり、いつの間にか、トレーナーになんてなれない、というところまで、気持ちが落ちてしまっていました。

そんなある日、晴美さんが全力で私と向き合ってくれました。

「何も話してくれないから、康子さんの考えていることが分かりません。本当にトレーナーになりたいんですか?」と。

晴美さんも相当、勇気が要ったことと思います。

私は涙が止まらなくなりました。今思っていることを、ただひたすら、全て晴美さんに話しました。自分の気持ちに気付くのに時間がかかるタイプなので、その時の話は相当、支離滅裂だったと思います。それでも、晴美さんは冷静に受け止め、最後に「本音で話そうね。」と言ってくれました。

それから、落ちに落ち込み、自分の気持ちを探る作業をしました。なぜあんなに涙が出たのか。トレーナーになりたい気持ちはどれくらい強いのか。

そして、今の自分が抱えている不安は、結局行動を起こさないと何も解決しないことを理解することができたのです。

行動を起こさないでグズグズしていたのは、理想主義、完璧主義で、失敗や間違いを恐れる、自分の主機能Niのせいであること。失敗することで、理想とかけ離れた現実を目の当たりにしてしまうことを怖がっていること。 でも、それで行動を起こさないと結局、トレーナーになるというビジョン(Ni)は実現できない。 目標を立てて(Te)、実行、経験して(Se) たとえ失敗しても(Niショック、Fiショック)次に生かす、新たな可能性を見つけて(Ne)行けばいいんだと。 そして、それを続ける(Si)ことで、成長できて、より理想の自分に近づくことができる(Ni)のだとわかりました(Ti)。

現在私は、タイプトレーナー研修生として、勉強を続けながら、卒業生成長コースにも参加して、自分と向き合うことも続けています。

タイプLABオリジナルの16タイプの説明書の製作にも関わらせていただきました。

16タイプの方々に実際にインタビューをさせていただき、タイプによる違いを目の当たりにして、深く勉強する素晴らしい機会を与えていただいたと思っています。

晴美さんに、「自分と向き合う」大きなきっかけをいただきました。

晴美さんが私にくれた「誰よりも努力、努力で成功」という言葉を胸に、これからも頑張っていこうと思っています。

なぜタイプ集まりをするのか?

こんにちは。ESFPの大森です。

私事ですが、10月よりタイプLABのトレーナーとしての活動が始まり、私自身も卒業コースに参加しながらタイプ集まりやタイプワークショップの企画・運営に携わっています。

そんな中、理事長のはるみさんに、「なぜタイプ集まりやタイプワークショップを開催し続けるのか」というビジョンについてお話を伺う機会がありました。

皆さまにも是非そのビジョンと開催の主旨を知って頂きたく、伺ったお話をインタビュー形式でお届けいたします。

******

積み木で直感・五感タイプの違いを比べてます

現代社会の問題にコミュニティとして向き合って行きたい

ーはるみさんは数年前からタイプ集まりを企画・開催され、11月にはほぼ初のタイプワークショップも行いますよね。そもそも、このタイプ集まりの主旨はなんだったのでしょうか?

もちろん、皆さんにタイプの違いを知るためのアクティビティを体験していただくのも目的の一つですが、楽しむことだけが真の目的ではありません。

私がこのタイプ集まりを開催し続ける理由を一言で言えば、

この孤独な現代社会で、素の自分を見つめ(自分を知る)、相手も見つめ(相手の素の姿を知る)助け合って成長し合うコミュニティを作りたいという強い想いです。

ー素の自分を見つめ(自分を知る)、相手も見つめ(相手の素の姿を知る)助け合って成長し合うコミュニティですか?

はい。

日本に限らず、現代社会って11人が個性(Fi)を消されがちですよね。自分自身の意見を言わないことが良しとされ、我慢して、そこで個性を潰されている。

そして、このように個性(Fi)を潰され続けていたり無理に抑え続けていると、それによって歪みが生じてきます。

特に共同体意識の強い日本社会ではその風潮が強く、それがいじめ、自殺や引きこもり、ニート、離婚などの問題に繋がる、という構図があると思うのです。

それなのに、今は家族間の問題を出来るだけ外に出さず、自分たちだけで解決しようとしている。

アドバンスグループはずっと笑ってた様でした

どうしても問題に光を当てて解決しようとせず、隠そう、隠そうとするんですよね。

ー身近でもたくさん、そういう問題を聞きます。「幸せに見られたい」「我が家に問題はない」と思いたいがために、周囲に助けを求めることが非常に難しくなっているとか。

そうです。

昔は家族も大人数で過ごして色々な人と関わりぶつかり合い、成長する機会も多かった。

家族間の問題も割とオープンで、お節介な人が問題解決しようとしてくれたりしていました。

アメリカでも昔は近所の教会がその役割を担っていた部分もありますが今はそのパワーが薄れ、問題の本質から目を逸らしスマホ、ゲーム、お酒、ギャンブル、ドラッグやセックスなど快楽的刺激への逃避に繋がってしまっています。

そんな状態は、絶対に良くありません。

そこで私は前述した通り、素の自分を見つめ(自分を知る)、相手も見つめ(相手の素の姿を知る)助け合って成長し合うコミュニティを作りたい、と思ったのです。

ーそうだったのですね!!

タイプLABでは、皆さんに

自分を知る=自分のタイプを理解する

自分の気持ちを知る=嫌な気持ちが出てくる時、相手や環境のせいにしないで自分が大事にしていることを理解する

自分の影を認める=周りから隠そうとしている自分を自分でちゃんと見つめる、認めるということを意識して欲しいと思います

皆さん、ペルソナで素の自分を隠そうとする。

ですが、嫌な部分、ダメな部分、いわゆるシャドウの部分も隠せないあなたの一部。

隠そう、抑えようとすると余計に暴れだします。

客観的に見ると、自分の負の部分をきちんと見ようとしている方と、向き合おうとしていない方の差はとても顕著ですよ。

ー分かりますね。

私もこのタイプLABで自分自身の嫌な部分、ダメな部分、そんなところをオープンにしようとしています。簡単ではないですよね。

自分と向き合う、そして、逃げずに成長したいと願う。

逃げたくなりますが、結局逃げるのって自分から逃げようとしていることですから、逃げられませんからね笑

今、みなさんは孤独な社会に住んでいると思います。人と人との心の繋がりも、求めているはずです。

そんな中で、みんなで一緒に自分を見つめ、助け合って、成長し合う、そんなコミュニティを作って行きたいと、私は強く思っています。

「成長コースどうだった?」ISFPさんの答え

Aさんは12月2017年ー6月2018年に成長コースに参加しました。

成長コースを受けて変化は感じますか?

Aさん:成長コースを受ける前より、意識しなくても、機能を意識することが、増えました  人に、エピソードを順序よく話すことが苦手で、自分でも話してるうちに、何を話してるのか解らなくなることが、多かったとおもうのですが、以前より自分で話してるうちに、わからなくなることが少なくなくなり、最後まできちんと話せるようになったと思います。

成長コースで一番厳しかった事は。。。

Aさん:まだまだ自分の第一機能の、Fiにすぐに引きずられそうになることが、一番嫌な事でした。

成長コースでは嬉しかった事が。。。

Aさん:自分の本当に求めてることが、わかってきたこと。 まだまだ途中段階ではありますが、自分の行動と相手の行動を分析して、機能を意識しながら相手との会話を成立させ、その分析が、当たっていたときは嬉しかったです。

一番印象的な学び。。。

Aさん:Siがうまくできると比較的物事が上手くいけるが、疲れる。

自分にはどの機能の見方が一番変わりました?

Aさん:全部大切ということがわかったので、私の場合、どれが、とゆうより、それぞれを繋げてどの機能もお友達みたいになれたら良いと思いました。 苦手な機能が大切だと思いました。

自分と同じタイプの方が成長コース受ける場合コースの効果をより良く感じるにはどんなアドバイスを伝えますか?

Aさん:時々Fiが、大きな邪魔をしにきます。 体調を整え、心の準備も前もってしておくのは、とても重要だと感じました。

自分と同じタイプの方にはどう成長コース紹介しますか?

Aさん:まず、自分の事をよくわかるようになり、目から鱗の出来事もたくさんで、家族や回りの人たちとの関わりかたが、良いようにかわりました。