成長コースどうだった? ISTJの答え

①成長コースを受けて変化は感じますか?

今まで、機能の事は、何となく分かるような?分からないような?曖昧な状況でしたが、成長コースを受けて、8つの機能が少しずつ見えたり、今この機能使ってる!と分かるようになり、嬉しい変化を感じています。

初めは機能って面白い!知りたい!それだけの気持ちでしたが、成長コースに通ううちに素の自分を認めて成長したいと思うようになりました。

また、人間関係には特に困ってはいないと思っていましたが、もっと深く人と繋がる事の大切さを知り、人と関わる事が楽しい、もっと積極的に関わっていこうと思えるようになったのは本当にすごい変化だと思っています。

他にも今までいかに自分が主機能に縛られて生きていたかを実感しています。そのせいで、勝手に自分に高いハードルを設定して、それが出来ないと主人や子供に辛くあたったりしてしまうという事を繰り返していました。今はそれが少し開放された事で、気が楽になったうえに、今までそれに費やしていた時間を他の機能を使うことで、色々な事がいい方向に動き出しているように思います。

②成長コースで一番厳しかった事は。。。

自分の気持ちに蓋をしているかも。と晴美さんに言われた時は、あまり意味が良く分からず、自分が何に対して悲しいのか、怒っているのか、考えても考えても答えがでずに苦しみました。でも何となくは、触れられたら痛い部分があるということは分かっていて、それと向き合う事が一番難しく、辛く感じました。でも、自分の話をして、受け入れてもらい、他の人の意見を聞く事で、自分をさらけ出すことが心と体の安定に必要だということを実感しています。

③成長コースでは嬉しかった事が。。。

自分の主機能がよく見えるようになって、少しコントロール出来るようになり、自分の心に少し余裕が生まれたと思います。今まで、自分はどんな人なのかよく分からなかったのですが、自分の価値観が明確になり、良くも悪くも、自分自身がはっきり分かった感覚が持てて嬉しく感じています。

④一番印象的な学び。。

Fiの機能を学んだ時です。以前から何度もFiは勉強してきていますが、今ひとつぼんやりした印象でしかありませんでした。自分の好き嫌いは割と分かるけど、気持ちの事になると良く分からず。。。でも、スポットで参加したITJセッションで、娘と同じタイプの方のお話しを聞いた時、とてもその方のFiを感じて心が揺さぶられる思いがしました。

そして、その時から、なぜか、自分が主機能を使っている感覚がはっきり分かるようになり、Siがコントロールできるもので、今まで変なマイルールにがんじがらめになっていたと初めて気がつきました。きっと、他の方のFiに触れたことで、自分のFiがSiからきているものだという事が分かったからだと思います。

この日を境に、機能が今までより見えるようになったことも驚きで、自分に何かが起こった印象的な日でした。

⑤自分にはどの機能の見方が一番変わりました?

Feです。

Feは必要だけど、面倒で疲れる機能だと思っていました。ですが、人間関係は全てFeを使うことで成り立っていて、自分を好きになるためにも必要な機能だということが分かりました。また、Feはスキルで、練習すればうまく使えるようになることを知り、今後は自分が幸せになるためにも怖がらずに使っていこうと思います。

⑥自分と同じタイプの方が成長コース受ける場合コースの効果をより良く感じるにはどんなアドバイスを伝えますか?

機能の勉強も大事ですが、コースの最初のフリートークを大事にして、話を準備して、自分なりの分析やまとめをしてから参加する。Seで他の方の話もしっかり聞いて、どういう行動がどの機能なのかを知ってそれを積み重ねていくことを続けると、機能が見えてきて少しずつ使えるようになると思います。あと、タイプ集まりに参加すると、いつもとは違う刺激を受けて新しい気付きがあります。

⑦自分と同じタイプの方にはどう成長コース紹介しますか?

Siから解放されてもっと楽に生きよう!自分が思っているより、自分で決めたマイルールに縛られて辛くなっているかもしれません。やる事がいっぱいあって忙しい、時間が無いと感じるのは、Siが原因かもしれません。すぐカッとなったり、キレやすいと思っている方、成長コースでその原因を探って心にゆとりのある優しいISTJを目指しましょう!!

自分を知る:ISTJタイプのお話

今回の記事はESTPななえさんが書いてくれました!

ISTJあきこさん

浅野明子さん

タイプ:ISTJ

今回は成長コースを修了された浅野明子さんにインタビューをしました。

 

成長コースのアンケートで機能のことがよく分かるようになったと書かれてましたが、機能が分かると自分の思っていたタイプも変わったりするんでしょうか?

成長コースで、EからIに変わった人いましたよ。ESFJからISFJとか。

機能は環境にも影響を受けるので、ISTPの人でも、仕事でJっぽい仕事をしているから、その機能を使っている人もいましたね。

特に日本のお母さんはJの教育を受けているから、Jのような動きをすることはあるみたいです。だから、JかPで迷っている人もけっこういましたね。

–明子さんは、はじめから自分のタイプは変わらなかったですか?

変わりましたよ!

はじめにタイプを知った頃は、ネットの診断をやって全然違うものが出て。その時はINTPだったかな。それから、タイプトレーニングのセミナー受けて、ISTPかな?という感じでした。

–はじめはPだったんですね!なんだか意外です。

自分では、『ルーズだし、期限とか守らないときもあるし、だらしない時もあるし…』と思ってましたね。

でも、晴美さんに「それは自分の基準に照らし合わせてそう思っているだけ」って言われて。それで、PかJかで迷ってました。

それから、Siの機能セミナー受けたときに、自分はSiが高いんだなと感じて、ISTPだとしたらSiは下のほうだから、やっぱり私はISTJなんだ!となりました。あとは、SとNもよく分からないこともありました。それも、SNのセミナーを受けて、「Sだな!Nではないな。」と思いましたね。

–なるほど。色々なセミナーなどをやっていくうちに、自分のタイプが分かってきたんですね!

でも、最初からバシッとわかる人もいましたよ。自分のことがよく分かっている人なんでしょうね。「自分はこれだ!」みたいのがはっきり分かるみたい。

–機能が分かってくると、タイプも明確に分かっていくというのは、そういうことなんですね!ところで、各タイプの下に並んでいる機能の順番は、上が強くて下に行くほど弱くなるという読み方をするんですか?

確かに下にある機能のほうが弱いというものもあるんですが、1と4の機能が一緒に使用されたりもするので、単純な強弱ではないんですよ。

–なるほど、これは単純な強弱の順ではないんですね。機能って面白いですね!明子さんはISTJなので、上位機能はSi、Te、Fi、Neですよね。自分はこういうところがSi、Te、Fi、Neだなと思うことには、どんなことがありますか?

* Si *

Siは、時間感覚が強いんです。だから、私が「日曜の朝、何してた?」と聞かれたら、「6時に起きて、朝ごはんの準備して、7時にみんなに朝ごはん食べさせて…」って答えます。Siの人は時系列で話すことが好きで、時系列で話す癖がありますね。私は時計がなくても大体の時間はわかります!

あと、Siは体の感覚に敏感です。お腹が空いたらすぐ分かります。主人はSiが低いので、お腹が空いたことに気づかないことがあるみたいなんですが、私ははじめはその意味が分かりませんでした(笑)。Siは自分の体に敏感なので、風邪の予防もきちんとします。喉が少し痛くなってきたら、すぐに対処するので、あんまり風邪を引かないんです。

Siはルーチンがあると安心します。日々、平日のルーチン、休日のルーチンがあって、それから外れると慌てちゃいます。私は決まった動きをすると上手くいって効率的、って考えてますね。寝る時間もご飯食べる時間も、大体いつも同じです!ご飯も出来上がる時間はずらしたくないので、その時間に出来上がるように準備してます。

–Siは時間感覚が強いということ、よく分かりました。ご飯が出来上がる時間も毎日同じなんて、すごいですね!!

* Te *

Teは、決めて実行する!機能で、私は小さいゴールをいっぱい作ってることに気づきました。ご飯が出来上がる時間も一つのゴールで、それを達成するためのおかずの準備を終わらせる時間にもゴールがあります。それを一つずつ達成していくという感じです。

効率優先で、ショートカットとかも好きですね。主人にも「ショートカット好きだよね」って言われます(笑)。運転するときもいつもショートカットを探します。初めての時はカーナビを見るんですが、何度も通る道では、より早く行ける道を探しますね。歩きでどこかに行くときも、一番近い道はどこかを探します!近ければ生垣とかも登っちゃうかも(笑)。

あとはすぐ結論が気になりますね。だから、ドラマとかも途中見れなくても最後が見れればOKです。ドラマとかも、あらすじを読むと観た気になったり。予告観ただけでも、観た気になることもあります(笑)。

–Teでは、ゴール、ショートカット、結論の話から、どれも効率性を大切にしていることがよく分かりました!

* Fi *

私のタイプはTeのほうが強いので、Fiはよく分からないこともあったんですが、好き嫌いは顔に出やすいみたいです。私の場合、Fiは3番目なので、そこまで強くはないんですが、価値観は大切にしてます。成長コースを受けたら、私はFiで主機能を価値観として動いているんだなということが分かりましたね。

私の主機能Siでは責任や役割という価値観があるので、いつでも「役に立ちたい」という思いがあります。「役に立たない」とか言われたり、そう感じると、寂しくなります。

役割を果たすことで存在意義を確認したり、モチベーションにしたりしてることがあって、それを否定されると立ち直れないくらい傷ついちゃいます。こんな風に、主機能が攻撃されるとFiは「揺れる」んです。

Fiは「自分は自分」とも表現できますね。ランチ会でメニューを選ぶときもFiが強い場合は、自分の好みで選びます。Feが強いと、周りの人のこととか考える感じになるんでしょうね。

–Fiは感情というイメージがありましたが、価値観も含まれるんですね。主機能がFiに関係してくるというのも面白いです!

* Ne *

ISTJはNeは4番目にありますが、4番目の機能はそれよりも下の機能4つとも関係しているそうです。Neは可能性を見たりワクワクしたりと楽しい機能なんですが、ISTJの場合は悪い可能性をいつも探っていると言われます。確かに、私はリスクとかはよく考えてますね。家族でお出かけするときも「雨降ったらどうするか」などの悪い可能性を過去の経験をもとに探して、その対策をしてます。悪い可能性は考え始めると、いくらでも出てきますね!

あと、私は新しい場所とか、新しいものを食べたりするときにはワクワクします。セミナーとか人に会うときもワクワクしてます。主人にも「メニュー冒険するよね」って言われます!

Neはパターンを見つける力で、私の場合は主機能のSiと関係して、体調のパターンとかはよく見えます。主人にも「また同じことやって体調崩してる~!」って思うことあります(笑)。

— 同じNeでも、未来の可能性かリスクの可能性かの違いはあるってことなんですね。ここでも主機能がNeに影響していることが分かりました!

— 明子さんは成長コースを修了されて、今はタイプトレーニングとはどのように向き合われているんですか?

今は私はSeとTiをトレーニングしてます!機能はスキルなんです。なんだか「スキル」って言うと、自分でもできる気がしませんか?単純に性格だからって言うと、性格は変えられない気がするけれど、「スキル」だと言われると頑張ってみようって思えますよね。特にTタイプの人には「スキル」っていう声かけがよいみたいですよ!

— 確かに!「スキル」って言うと頑張れば習得できるものだというポジティブな感じがしていいですね!

仕事の成功はまず家族から!

名前:中村奈緒子さん
タイプ:ESTJ
ボディトレーナー/経営者:Naoko Body Works代表

-ー奈緒子さんとタイプLABの出会いのきっかけを教えてください。
7ヶ月くらい前です。タイプLABに通っていた友人から紹介してもらいました。

私は現在、ボディメンテナンスのトレーナーをしているのですが、グループレッスン、パーソナルトレーニングのほかに、自分のメソッドの認定講師養成講座も行なっています。

特に養成はコミュニケーション能力が重要なので、個々人のタイプがわかったら生徒の方とよりスムーズなやりとりができるのではないか。

良いコミュニケーションを取って、最高のサポートをできるようになりたいと思い、セッションを受けることを決めました。また「自分の得意とする機能があれば相反する機能がある。その弱い機能を否定するのではなく意識することで、いい機能も高めていく」というタイプLABの考え方に共感したこともセッションを受けた理由のひとつです。

-ーセッションを受けてみていかがでしたか。

私は目標を持つと自分だけの世界に入ってしまい、周りが見えなくなってしまうことがあります。

自分では無駄をなくし、最短で結果を出すように動いているつもりで、それがとても合理的なことだと思っていたのですが、セッションを受けたことで「周りが見えなくなってしまうこと」が自分の弱いところだとわかりました。

自分の目標達成に集中していると自分では正しいと思って発言したことが相手を傷つけてしまうこともありました。相手とのコミュニケーションがうまくいかなくなっていました。

セッションを繰り返すことで、相手の価値観やタイプもいろいろあることがよくわかりました。また、他の人の状況も自分の主観ではなく、客観的に見るようにできるようになってきたと思います。

そして今回、指導者養成に役立てたいと思いタイプLABに参加したのですが、私の場合はまず夫婦関係が良くなりました。それまではよく夫と喧嘩をしていましたね…。

一番身近な存在との関係が良好になることで、気づいたら育成の仕事も円滑にいくようになりました。

-ー旦那さまとの関係は具体的にどんな風に変わったのでしょうか。

夫のタイプを知ることで、彼の優しさに気づくことができるようになりました。それまでも彼から優しい言葉をかけてもらってはいたのですが、自分が期待するものではなかったり、思ったタイミングではないと無視しちゃっていましたね。

夫が自分に合わせて欲しい承認欲求やわがままをしていた自分に気付きました。

自分のタイプ、彼のタイプを知ることで、接し方も変わってきたようです。「ママちゃんがいるから、我が家は回っているんだよ」。

前から言われていたことですが、素直に受け止められ、幸せだと感じられるようになりました。

一方で私も「彼のタイプだと、こうやって伝える方が一番理解してもらえるな」などと考えられるようになったことで、無駄な力が入らなくなり、ストレスがなくなりました。

-ー今後の目標などを教えてください。

自分のタイプについて分析できるようになってきましたが、それでもまだ夢中になると周りが見えなくなることが多々あるので、もう少し客観的なスタンスでものを見られるように意識していきたいと思います。

タイプLABで学んだことを、母として、妻として、経営者として働く上で、うまく還元していきたいです。

中でも一番の基盤はパートナーとの関係です。以前よりは素直になり、感謝の気持ちを伝えられるようになりましたが、まだまだ足りないと思うので、もっと言えるようにしていきたいと思います。

「この意味は。。。」、Niのお話

これは私(タイプLABの理事長、はるみ)のNi6の経験談です。

去年(2019年)11月赤坂にあるお店、「The Pink Cow」でタイプセッションをしたときの話です。

そのお店は様々なイベントが行われていることで外国人の世界では有名で、私もいつかそこでタイプのイベントを紹介したいとは思ってはいたものの、なかなか勇気がなくて何年も避けていました。

タイプLABでは慣れてる環境や人と関わって、最近はとても居心地がよくて、勇気出す場面が少なくなってたんだなっと今は思います。

10月に知り合いに誘われたのをきっかけに店を訪ねることになり、そこで私は女性司会の方にタイプの話をしました。

その方はタイプの事を知っていたのですぐ興味持ってくださって11月にイベントの予約を入れてくれました。

当日、私は正直とてもとても不安で緊張していました。

知らない外国人の前でわかりやすくタイプを伝えられるだろうか?

自分の経験では外国人は意見をすぐ伝えて来たり、違う意見もはっきりと伝えてくるのでドキドキする時が多いです。

そんな気持ちを抱えながら、お店のすぐ隣のお店の看板が目に留まりました。

「たいぷ?」

私には一瞬そう見えたのです。

ちなみにこれがその看板です。

遠くから見たら「タイプ」って見えたんです!

この看板を見たとき、私はここに来る理由があるんだね、と反応しました。

お店でのタイプセッションは私の不安をよそに、とても盛り上がって楽しくやることができました。
特に女性の司会の方とお店のオーナーが タイプの話に共感して、参加者の中に割って入ってくるくらいに興味を持ってくださいました。
私は心からこのお店に来てよかったと思いました。
そして帰り道、再びあの看板を見たとき、私のNiが確信のようなものに変わり、自信や感謝がわいてくるのを感じました。

出来事だけを語れば、これだけの話です。

Niには不思議な力があります。

その不安の夜、暗い夜の中、店に向かってる自分、とその「たいぷ」を見かけた自分、の記憶は今もとても明確に覚えています。

吐きたいぐらい不安の中、「やってみる!」って、決心して自分の殻から出て行った感覚でした。

後日、別の外部のイベント、International Coaching Federationに参加したとき、そこにはコーチングの経験豊かな方々が集まっていました。

以前の私なら、おそらく尻込みしていたかもしれません。

でもあの時の経験が自信を与えてくれていたことで、私は自分をアピールすることができました。

イベントのオーガナイザーにタイプの経験を伝えたらとても興味持ってくれて、来年2月にスピーカーとして参加させていただくことになりました

他の人から見れば、単なる偶然や思い込みに見えるとしても(実際そうだとしても)。

自分を鼓舞し、変化させることで、目に見える結果も変えられます。

なので、ふとしたきっかけを単なる偶然や思い込みとして片づけるよりも、そこの意味を探し出す、そこで自分と向き合って、決意するのが大事です。

Niを意識することで、自分のメンタルの姿勢、自分のマインドセット、自分の体の姿勢も変わるでしょう。

以上、私のNi6の経験談でした。