夫への不満は愛の裏返しだった

今回はタイプLABのセッションを経て、夫婦関係が激変した方(ISFP)のストーリーをご紹介します。

タイプLABと出会ったのは4年ほど前、友達から聞いて興味本位で参加したのが始まりでした。

当時は特に夫婦関係に問題があるという認識はなく、なんとなく通い続けていました。

セッションを受けていくうちに、自分がISTJ夫の愚痴ばかり言っていることに気づいたんです。

■気づき①:理想の自分と現実の自分のギャップ

セッションで私は「相手から積極的に話しかけて来てほしい」と思ってることがわかりました。

でも自分はそれを顔に出さずに待っていたので、相手からすれば話しかけにくい人だったと気づいたのです。

その時初めて自分を客観的に見られるようになりました。

そして積極的に自分を出そうと思い、気づけばセッションで夫の愚痴が増えていました。。。

■気づき②:やっぱり夫が好きだった

セッションで夫の愚痴を話す日々が続いてました。ずっと愚痴や不満を言ってたのは、実は全部夫が好きだからこその裏返しで、夫のことで頭がいっぱいだったのに気付きました。

夫に無条件の愛を夫に求めて、何でも許してくれる存在であってほしいうな勝手な願いから、いろんなひどいことをしていました。

どこまで受け止めてもらえるか試していたんです。

でも夫は反発することもなく「ああごめん」という感じですぐ謝るので喧嘩にもなりませんでした。

それを見て私はまた「わかってもいないのに謝るな!」とさらにイライラしたり…

寂しい気持ちを素直に伝えればいいのにそれをすることもなく、相手の態度が気に入らないと怒っていました。

本当は心を通わせたいのに、うまくできなくて不安だったのだと思います。

セッションを重ねていくと、実は夫は自分にとって大切な人だと気付く方がたくさんいます。

この気付きは2018年6月頃でした。

■気づき③:気持ちに素直になって、夫に伝える

本当の気持ちにやっと自分で気づいてからは、夫は今まで全部受け入れてくれてたんだと気づいて、感謝の気持ちがすごく湧いてきました。

そして「今までひどいことを言ってごめんね」と反省の気持ちもすごく湧いてきました。

夫のことが好きって気づいた後、他の参加者から「カーテンを閉め切ってる、心をガードしてる」って言われ、とてもショックでした。

あんなに自分をオープンにさらけ出したつもりだったのに、ここでも素直になれてなかったんだと気づいて、本気で行動を起こさなきゃ!と思いました。

だからこの気持ちが冷めないうちに夫に伝えよう!と思い、すぐに夫に話しました。

すると夫は、今まで「自分が至らないから怒られるんだ」と思っていたみたいで、嬉しかったようです。

「話してくれてありがとう」って頭をポンポンしてくれました。

変化:怖いくらい幸せ

変化はすぐに現れました。

今までなら些細なことでイライラしていたのがなくなり、単身赴任の夫と長電話できるようになりました。

しばらくデートもしていなかったので、「デートしてないよね」となんとなく伝えると「俺もデートしたい」って返ってきたり、食事に行ったら傘をさしてエスコートしてくれたりして、前とは別人のように優しくなりました。

何かでぶつかることがあっても、私が気持ちを伝えると丸く収まります。

こっちが思いやるようにすると、ちゃんと相手からも返ってくるんだなって実感しています。

そして夫からの思いを感じられると、自分の気持ちもすごく安定するんです。

「今は、幸せが一気に来すぎて、そのうち悪いことが起きるんじゃないかと毎日怖いくらいなんです。笑」

これは2019年5−6月ごろです。

ここまで素晴らしい変化を起こせたのは、最後まで逃げずに自分の気持ちと向き合って、行動をしたからこそだと思います。

そして、2019年11月29日、誕生日に!なんと!!旦那さんからのサプライズのお花とそのちょっとあと、ケーキ!

誕生日の花とケーキ!

 

 

 

 

 

 

トレーナー1年経ちました(トレーナーえりか)

トレーナーのえりか INFJ です。トレーナーになってちょうど1 年が経過しました。

小さい頃の私は、人前に出ると緊張で震えて過呼吸になり、そんな自分から逃げたくて登校拒否を繰り返すなど、常に自分に自信が持てずにいました。

そんな私がタイプに出会ったのは約5年前。信用できる方からタイプを学ぶ機会をもらえました。

セッション受講中は、無意識に自分の頭の中で考え事してて、発言も少なくなるのにも気づかず、指摘してもらっても何がダメなのか、どうしたらそこから変われるのかもわからず苦しい気持ちにもなりました。

そこでもまた自分から逃げようと、一時期タイプから離れようとした私を、はるみさんは根気強く声をかけ続けて励ましてくれました。

成長コースで、まずは毎日タイプを意識して人が使っている機能、自分がこのとき使っている機能を意識するところからスタートしました。

今思うと、私はセッションでも理想的な発言が出来ない自分という現実を毎回突きつけられ、自分で思い描いている理想の姿との違いにショックを受けていたのだと思います周囲の誰が悪いのではなく、自分自身でハードルを上げて苦しくなっていました。

トレーナーになる、という目標を決めたのは 20187月。

子供の時から意味ある人生を生きたい気持ちが強くて、でも理想の自分の姿に近づくため、今まで何度そのチャレンジをしても理想に近づけなく、そのループから抜け出せたのは、やはりFeTeでした。

Fe自分と関係している人からの声掛け(私の場合声掛け続けてくれたはるみさん)

Teとにかく言われた通り(すぐ)やる!(私の場合仕事を後回しにしないで、すぐにセッションの日にち決める、セッション日程をHPに入力する、 人に声かける。)

自分で立てた目標、毎月1名新規で4文字セッションを行う、という小さい目標ですが 今も継続しています。 それが最近自分の小さいけど大事なタイプコミュニティが何個か形になりつつあります!

セッションの目標人数を宣言して手帳などにも書くと、不思議とその通りかそれ以上になるのです!うれしい驚きです!(今月は認識機能のセッション9回行いました)

自分の人生を良くするのも悪くするのも、全ては自分次第!

私は、今自分が本当に求めている人生、自分自身も信じられてきています。そして自分が好きになり、幸せも感じます。

こんな素敵なプレゼントをくれたタイプが好きだからこそ、やり続けたい気持ちでセッションを教えています。

そしてそれを支えてくれる家族にも感謝の気持ちでいっぱいの毎日。

少しずつでも動いたら前に進む、やると決めたらできる!を信じて、はるみさんやタイプLABの仲間を信じて、自分も信じて今も人生のビジョンにチャレンジ中です!

タイプインタビュー:共感が生む力

今回はタイプLABのセッションを約1年続け、悩んでいた仕事の人間関係がスムーズになり、自分のことも好きになったと語る麻莉子さんに特別にインタビューさせてもらいました。

名前:麻莉子さん

タイプ:ENTJ

職業:学習塾主催

早速ですが、麻莉子さんがタイプLABと出会ったきっかけはなんですか?

ママ友の紹介です。その方は化粧品や健康食品を扱う会社で支部長という重要なポジションについていたのですが、一緒に働く人たちの協力を上手に得ながら、仕事を楽しみながら生き生きとしていました。忙しいはずなのに、なぜそんなに上手にこなせているのかを尋ねたところ、タイプLABの存在を教えてくれました。

麻莉子さんはそのとき、何か悩まれていたのですか?

はい。子供向けの教室をやっているのですが、一緒に働いてくれるスタッフとの関係に悩んでいました。人数は10人で、ほどんどが女性で30〜50代。既に自分が出来上がっている人たちで、なかなか私がしてほしい指導の仕方を伝えてもしなかったり忘れたりしてしまう。ミーティングのときも私一人だけが仕事モードで温度差があったり、中には私の何気ない言葉に傷ついて辞めてしまったりする人もいました。その時の私は「スタッフに恵まれない。ツイていない。」と周りのせいにしていました。人のタイプを知るとそんな気持ちが少し楽になるのではと思い、セッションに参加しました。

セッションに参加してみていかがでしたか?

私はENTJなのですが、コミュニケーションスタイルが自分本位でわがままだったと気がつきました。確かに人との関係を、長く深く考えることを時間の無駄だと考えている節があり、人の話を聞くことが苦手でした。共感性が低いのですね。

タイプLABのセッションを継続することは大変でしたか?

1度だけ、もうセッションに行きたくないと思ったこともありました。タイプを掘り下げていく中で自分の痛いところを突かれたときです。

自分のプライベートなことを10分から20分ほど話すのですが、他の人の話を聞きながら「なんで過去のことを悩んでいるのだろう。どうにかなる訳でもないのに」と、話す方も聞く方も時間の無駄だと思っていました。たぶん態度にも出ていたでしょうね(笑)。セッションなので今度は自分が話すことになるのですが、家族のことなどプライベートなことを語った時に思わずボロボロ泣いてしまいました。人に話を聞いてもらったことに優しさを感じたからです。私は他の人に自分の時間を割かせてはいけないと思っていたようですが、その分、私の話を聞くために時間を取ってくれたことをありがたいと感じました。

ご自身のタイプがわかってから変化したことはありますか?

人の話を聞くことが楽しくなりました。話を聞いて今まで愚痴や文句だと思っていたことが、実はその人の大切にしたい部分なんだとわかってきました。お教室で接する子供に対しても同じです。それぞれの個性があります。以前は多少なら大人の接し方次第でコントロールできると思っていてたのですが、今では難しければその子のタイプに合うスタッフに任せるようになりました。また、嫌なことがあったときに相手のせいにしがちだったのが、自分とも向き合えるようになりました。他にも、食事会などに来られない人がいたときも「なんで来なかったの?」と言う前に「私がそう残念に思うのは、彼女がいると場が楽しくなると思っていたからだ。会ったら話したいことがあったんだ」とポジティブに考えるようになっています。

これからの意気込みを教えてください。

自分の第8番目(弱いところ)を意識して努力することで成長したいですし、テキパキこなすなどの自分の強みも大切にしていきたいです。

はるみさんに「スタッフの先生は、麻莉子さんの夢を叶えてくれる存在」だと言われたことを心に留めてやっていきたいです。

自分の人生の幸せの1つの掴み方(Ni)

人間と動物の違いの一つに、人間は物事に対して意味を見出そうとする性質があります。

第二次世界大戦の時、ナチに捕まられてユダヤ人のViktor Franklは冷たい冬の中、自分の人生の意味を求めつづ、生き残れた経験を本に書き、その本、Man’s Search for Meaning(夜と霧)が今でも日本でも世界でもロングセラーです。

人類はこれまで哲学や宗教などを通じて物事の存在する目的や人として生きる意味を考えてきました。

物事に意味を見出すことや、夢を描くことは人として生きる上での大切な営みです。

それを司る機能、まさに己の人生の意味や使命感を見出す認識機能がNi(内向的直感)です。

しかし、これまでの日本の社会では社会的な役割や責任を果たす機能であるSi(後ほどご紹介します)が重視され、学校教育でもそれを追求する傾向がある一方で、その対照にあるNiについてはあまり触れられず疎かにされがちでした。

もし、Niを通して目の前の現実を超えた先にある夢や使命感を探すことができれば、生き方が大きく変わるきっかけが生まれます。

ユングの言葉では「家族にとっての最大の悲劇は、両親が空疎な人生を送ることです。」

タイプセッションでは実際に目の前にいる人の話を積極的に聞く姿勢が求められます。

セッションを通じて目の前の相手(現実)としっかり向き合う習慣を鍛え、 人生における 自分の役割や使命感を見出すことを通して、生き甲斐や喜びを感じることをぜひあなたも体験してみませんか?

「Tiってどうやって伸ばせるの?」

Tiは成長にとても大事な認識機能です。自分の問題や悩みに対して客観的に観て、分析して冷静に理解して解決先を見つける心理機能です。

セッションに参加する方の質問で特に多いものの中に、Ti(客観性・分析力)をどのように伸ばしていけばいいのかというものがあります。

誰しも、特にFiが高め(1~4番目ISFP, INFP, ESFP, ENFP, ISTJ, INTJ, ESTJ, ENTJ)の方が人を見る場合、どうしても感覚的な好き嫌いが先行しがちで、先入観をなくして客観的に見ることが難しいということがよくあります。

ではどのようにすれば、Tiの力を伸ばすことができるのでしょうか?

どうやってTi鍛えるの??

Tiが機能するためにはまず初めに相手のことを正確に知ることが必要です。そのためには当然ですが、相手の話にきちんと耳を傾けることが重要です。

それはただ受動的に聞き流すことではありません。

もし言っていることが分からなければ、分かるまで何度でも質問するといった能動的な姿勢が求められます。

その上で、理解した内容を整理し分析することで、より客観的な目で人や物事を見ることができます。

ですが、頭で分かっていても人の話をちゃんと聞くことは簡単ではありませんよね。

Tiを伸ばすにも、実践を積み重ねていくことが何より不可欠です。

ただじっと座って聞いているだけでは十分な理解を得ることは難しいはずです。

でも安心してください!

皆さんはセッションに参加することで自然にTiが鍛えられていることに気づいていますか?

  • セッションでは内容を理解できるように「さっき何聞こえました?(先ほどの話はどんな話でしたか?)」って確認されたり、
  • 自分と違う考えや意見を持っているタイプの方の話を聞いたり、
  • 話の内容についてフィードバックを求められたりします。

相手を理解しようという能動的な姿勢がTiを深めることにつながります。

なのでセッションに積極的に参加するだけでも自然に自分のTiが鍛えられます。

Tiは楽しい!

セッションでは遠慮せずどんどん質問して感想を言いながらTiを鍛えていきましょう!

そこでTiの楽しさも実感出来る日が来ると思います。

Ti使う習慣が付いて来ると思慮深く行動するようになります。

タイプセッションでは心も脳もストレッチしよう♫