タイプLABとは?

NPO法人タイプLABは、東京都江戸川区を拠点に活動している子育て世代のコミュニティです。

心理学の「タイプ論」に基づいて自分自身と他者の本質的なパーソナリティを理解し、健全な家庭環境・人間関係をつくるための学びと体験の場を提供しています。

動画再生
 

友だち追加

円滑な人間関係を築くには、自分と他者の考え方・ものごとの捉え方の違いを理解し、受け入れることが大切です。その前提として深い自己理解が必要です。 しかし、人間は社会的な経験を積むと「素の自分」を無意識に隠し、「ペルソナ」という仮の姿を演じるようになります。自分の本質的なパーソナリティはペルソナに覆われているため、自己理解を深めるには少しずつ段階をふむ必要があります。 タイプLABでは、自己理解・自己受容ができるまでの道のりを3つのステップに分けています。どのような学び・体験ができるか、ステップごとにご紹介しましょう。

ステップ 1

自分の本質をあらわす「4文字タイプ」を探ろう

自分を理解して受け入れるための第一歩は、「自分の本質を探ること」です。

ふだんは外側に向きがちな意識の矢印を自分の内面に向け、自分の本当の気持ちや感情、考え方や行動の傾向を見つめ直します。

 

自分の本質的なパーソナリティは、心理学の性格分類「4文字タイプ」に象徴的にあらわれます。自分の4文字タイプを探るセッションに参加して、「本当の自分」を探っていきましょう。4文字セッションは、心理テストや占いのような感覚で気軽に体験できます。

 

<ステップ1に適した学びの場>

  • 4文字タイプセッション
  • タイプ集まり

ステップ 2

自分と相手の「違い」を知ろう

ステップ2は「自分とは異なるタイプの考え方を理解し、自分と相手との違いを認識する段階」です。

グループワークや会話を通じてさまざまなタイプの人たちと関わることで、「自分と同じように、相手にもその人なりの考え方・価値観があるんだ」という気づき・発見が得られます。

「こういうタイプの人は、こんな考えを持っているのか」「自分とは違うけれど、そういう価値観もあるんだな」と相手を受け入れられるようになれば、自分自身の人格的な成長につながります。多様な考え方に触れて自分と他者との違いを認識すれば、自己理解もさらに深まります。

<ステップ2に適した学びの場>

  • タイプ集まり
  • 認識機能セッション
  • 成長コース

ステップ 3

自分自身を丸ごと受け入れよう

ステップ3は、ステップ2の体験をさらに深めながら自分自身を受け入れていく段階です。さまざまなタイプと継続的に関わり合いながら、相手のタイプに応じたコミュニケーションスキルを磨いていきます。
タイプLABのコミュニティに加われば、食事会やイベント、読書会などを通じて実践的・継続的に学びの経験を積むことができます。コミュニティのメンバーは各タイプの特徴を理解しているため、自分を成長させ、自分を丸ごと受け入れたい方に最適な場です。

<ステップ3に適した学びの場>

  • タイプ集まり
  • 成長コース
  • 卒業コース
  • タイプLABのコミュニティへの参加

あなたもタイプLABに参加して自分自身を見つめ直し、

本当の自分を探る「心の旅」をしてみませんか?

<<タイプLABのミッション>>

タイプLABのミッションは「お金儲けを目的にしない、タイプをツールとして成長するコミュニティを作り、社会をサポートすること」です。

<<タイプLABの運営について>>

タイプLABは非営利目的のNPO法人であり、国や区からの補助金・助成金は受けておりません。税理士の方の指導の下、NPO法人会計基準に則って適正に会計処理、決算書作成、税務申告等を行っています。

詳しくはこちら→「タイプLABがNPO法人である理由」 https://type-lab.org/why-npo/

Come meet us up close

Every one of our team members is devoted to delivering the finest possible designs.

Emma Louise

Interior Designer

john frieda

Co Founder