「成長コースどうだった?」ESTJさんの答え

Share This Post

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email

Aさん:4月2018年ー10月2018年に成長コースに参加しました

Bさん:9月2018年ー2月2019年成長コースに参加しました)

Cさん:7月2019年−12月2019年成長コースに参加しました)

Dさん:4月2020年−8月2020年成長コースに参加しました)

成長コースを受けて変化は感じますか?

Aさん:はい。コミュニケーションエラーは、自分の見方にありました。
そして、自己のコミュニケーションパターンを認識する事が出来ました。

Bさん感じます。

Cさん:かなり感じます。心が楽になりました。余裕が生まれ、苦手と思っていた人にも優しくなれ、主人の許せない部分にも寛容になれました。自分にも厳しくなる部分がありましたが、そこも許せるようになり、人にも優しくなれていると思います。全ての出来事に価値がある、幸せがあることも見つけれるようになりました。

Dさん:感じます。Fiに刺さったときに、Tiしようとするようになってきました。 なかなか、それがどの機能なのか言語化するところまでは行きつくのが難しいですが…。

成長コースで一番厳しかった事は。。。

Aさん:主機能ショックをうけて、客観的に自分の周りで起こってる事を見て、自分を理解する事。(Ti)

BさんF iを感じる事、認める事。 自分が都合良く解釈していると認める事

Cさん自分の悪い部分に向き合うこと。自分の恥ずかしい部分、嫌な部分、を丸裸にされたかんじ。悪い部分を言い訳で正当化していたことが何と多いことか!!と気づか、認めることが非常に苦しい作業でした。今もまだまだ完全ではないです。

Dさん:自分が何かをできなかったときや、失敗したときに、 『自分では他人のせいにしているつもりはないが、実は他人のせいにしている』 ということを認めることが厳しかった。 いろいろ意見を言われていると、追い詰められているような気になるため、今でもまだついやってしまうことがよくある。

成長コースでは嬉しかった事が。。。

Aさん:機能を知ることで、自分の事(自分の中で起こってる事)を深く考えられるようになった事。

Bさん自分の事が少しだけ分かった事。

Cさん協力的でない、許せないと思っていた主人に寛容になれたら、優しく協力的になってくれたこと。主人に対して愛情はもう全くないと思っていましたが、今までの主人の優しさのサインに自分が気がつかなかっただけだと知り、出会った頃の気持ちを思い出すことができました。

Dさん:最近どうですか、の話のときに、「職場の人がこうしたらいいああしたらいいと無理そうなことをいろいろ提案してきたり、取り扱いを細かく指示されている配布PCに便利になりそうだからと取り扱い指示外のことを設定したりしていたのを見て、ムカッときたけど、私も同じことをやってることに気づいたし、私の説明が足りないからだったと思った」といったら「すごい」ってはるみさんがほめてくれたこと。

一番印象的な学び。。。

Aさん:FeとFiの違い TeとTiの違い 違いを認識することで、相手を理解しようと考えられる。

Bさん自分がいかに変な人間なのかという事。

CさんTiの分析力。色んな物事の意味がつながり、理解が深まりました。
攻撃と感じ、傷ついたら、落ち込んでいたりすることが、そうではなく、相手も強い気持ちを伝えたいだけなんだよってわかると、楽になり、必要以上に落ち込んだりストレスたまることも少なくなりました。

Dさん:Te主機能はルールを守らない。 ルールは守っているつもり、だけど、自分が「このルールは合理的ではない」「このルールはおかしい」と思ったルールについては、すぐに変えようとします。 ルールを変えることは悪いことだとは思っていませんが、そのときに自分の主張を押し付けるだけではうまくいかないことも確かに多いので、Teだけで突っ走らずにTiする必要があると学びました。

自分にはどの機能の見方が一番変わりました?

Aさん:Ti Ni Fe

BさんF i分かってるつもりでしたが分かっていなくて、本当に奥が深い。

Cさん主機能Teの使いすぎ。それがトラブルを起こす。主機能こそ使いすぎないように、他の機能を意識して高めることがよくわかった。

Dさん:Te。効率的なことがもともと好きで、なんでも効率よくやりたい、時間を有効に使いたい、という気持ちが強かったから、私はTe主機能なんだ、と思っていました。 でも実際に学んでみると、Teは目の前の効率だけを求めていてもだめで、自分の効率がよくなることじゃなく、チーム全体のゴールまで見据えた効率をよくするために動いていかないとならないことがわかりました。 そして、そのためにはTiが重要であるということもわかりました。

自分と同じタイプの方が成長コース受ける場合コースの効果をより良く感じるにはどんなアドバイスを伝えますか?

Aさん:自分の気持ちを考えて、感じて、なんで?どうして?を常に自分の中で考えられるようになると、新しい発見がある。 その新しい発見を楽しみ、自分を認めてあげる。 出来ないじゃなくて、行動‼️

Bさん相手の事より、まず自分の行動、考え、気持ちをまず知るという事を頑張りましょう。

Cさん自分の正直な気持ちを大切にしたら(Fi)もっと主機能のTeの使い方がより良い方に高まるよ。

Dさん:Te主機能はルールを守っていない、という前提で自分の行動をとらえること。

自分と同じタイプの方にはどう成長コース紹介しますか?

Aさん:ステキなBOSSになるヒントが、発見出来る。笑 自分自身の心の成長は、周りを動かすカギになる!

Bさん自分がいかに効率しか重視してないかに気付かされる。でも実際は他の機能使ってないから効率が悪い。他の機能も勉強した方がもっと効率よく考えられるよ。

Cさん「肩に力を入れずに、余計なストレスも持たずに、もっと楽に心も満たさせた気持ちで、ステージアップできるよ。このタイプラボで、自分の使ってない機能を高める作業をしてあげると、心が成長し、幸せに満ちて、もっとその行動力が価値のあるものに変化するよ。周りの方をもっと幸せにすることができるよ。」

Dさん:「人に指示してやらせるより自分でやったほうがはやい、から抜け出せるヒントがたくさんあります」または「自分が責められていると感じるときの対処法がわかります」とかですかね…ESTJの場合、いきなり「自分ができてないことを発見して、分析することができるようになるよ」とか言っても、自分はできてるから関係ない。って思いそうなので。

Subscribe To Our Newsletter

Get updates and learn from the best

More To Explore

「成長コースどうだった?」ENFPさんの答え

成長コースを受けて変化は感じますか? 何かしら変化がある気します。 成長コースで一番厳しかった事は。。。 苦手な機能を意識する事。 成長コースでは嬉しかった事が。。。 あります。楽しいこともあります。 一番印象的な学び。

コラム

【第1回】学びの4ステップとは ~わたしってどんな人?~

皆さん、こんにちは。タイプLABで多くの学びを得るためには、4つの学びのステップがあります。これから全5回に渡ってシリーズ形式でこの学びのステップについてお伝えしていきます。 学びの4ステップ 学びのステップは、次の4つ